「失言」政治の行き着く先

ニュース | 2010/11/23

最近、マスコミや野党の政権批判があらぬ方向に行っている気がします。

別に、民主党が良いって言うつもりはありません。ただ、民主党の失策なんていくらでも見つかるのに、そういうのを放っておいて、分かりやすい「揚げ足取り」に終始するマスコミや自民党がおかしいと思うのです。

1. 仙谷氏の「暴力装置」発言について

マスコミは報道しませんが、ネットでは「自衛隊が暴力装置なのは政治学の常識」で議論が終結しています。一番、端的なのは、池田信夫氏の以下の記事でしょう。

マックス・ウェーバーは、主権国家を「合法的な暴力の独占」と定義した。レーニンは、国家を物理的な暴力(Gewalt)と心理的な権威(Macht)によって成り立つブルジョア階級の統治機構と考え、そのコアにあるのが軍事力だと考えた。(中略)仙谷氏の「暴力装置」という言葉は、このレーニンの影響が残っているものと思われるが、これはきわめて正統的な軍隊(したがって自衛隊)の定義である。菅首相も謝罪したようだが、彼は軍の最高指揮官であり、その命令で何万人も殺害できるのだ。これぐらいのリアルな認識をもってもらわないと困る。

自衛隊は「暴力装置」である

ついでに、この問題が起きた後、誰かがWikipediaの英語版から日本語版に翻訳してくれたので、詳しくはこちらを見てもらうのが早いでしょう。日本語版のWikipediaにしては出典も充実した良記事です。

いずれにせよ、こうしたことを知った上で、それでも「失言」として批判する人はいないと思います。こうした議論がなかったかのように、揚げ足取りを続けるマスコミや自民党は、いったい何を考えてるのでしょうか。

2. 柳田元法相の国会軽視?発言

「法相とはいいですね。二つ覚えておけばいいんですから。『個別の事案についてはお答えを差し控えます』と。これはいい文句ですよ。これを使う。これがいいんです。分からなかったらこれを言う。これで、だいぶ切り抜けて参りましたけど、実際の問題なんですよ。しゃべれない。『法と証拠に基づいて、適切にやっております』。この二つなんですよ。まあ、何回使ったことか。使うたびに、野党からは責められ。政治家としての答えじゃないとさんざん怒られている。ただ、法相が法を犯してしゃべることはできないという当たり前の話。法を守って私は答弁している

法相の答弁がワンパターンだというのは、従来の法相に対しても言われてきたことであり、柳田氏が特に悪いというわけではありません。それに、太字の部分からも分かるように、法相の立場上、そうせざるをえないということも言っています。これを読んでも、「失言」だと思う人がどれだけいるのでしょうか。たしかに、「不謹慎」という人はいるかもしれませんが、ジョークですよジョーク。しかも、自己批判的なジョークであって、誰かを傷つけるようなジョークではありません。こうして国会答弁をジョークのネタにしたことに対して、「国会軽視」と発言されたのではたまったものではないと思います。

麻生元首相が「読み間違い」で批判されていたことがありましたが、それと同じか、場合によってそれ以下のひどい批判の仕方です。

そんなこといいから、本来の政治の議論をするべきじゃないか?くだらない揚げ足取りのために、審議拒否とかしてる場合か?どうして、そういう意見がマスコミで取り上げられないのでしょうか。 要するに、彼らは視聴率を取りたいだけなんでしょう。

たしかに、「民主党はいずれにせよダメなんだから、どんな形でも攻撃するのは正しい」という主張はもっともに聞こえます。でも、それって自民党の時も同じでしたよね。「自民党はいずれにせよダメなんだから、どんな形でも攻撃するのは正しい」、そういう形で、自民党が追い出され、政権を取ったのが民主党です。そして、同じ事が再び繰り返されているのです。当たり前でしょ?だって、どんなに良い政策を取っても評価されないし、悪い政策を取っても批判されないのですから。そういう政治家を作ったのは、「あいつはいずれにせよダメなんだから、どんな形でも攻撃するのは正しい」と考える国民にほかなりません。そういう国民には、それに見合った政治家しか育たないのです。

こういう「失言政治」が、政治の空洞化を招いてきたことに、国民はいい加減気付くべきではないでしょうか。視聴率を取るために、政治を愚弄しつづけるマスコミと、それを利用しようとする政治家、それに騙される国民。この構造が変わらない限り、日本の政治は永遠に良くならないのではないかと思います。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

コメント

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき