NHK記者が捜査情報を伝えて何が悪い?

ニュース | 2010/10/10

NHKの記者が、警視庁の家宅捜索の情報を大相撲関係者に伝えていたことが批判されています。しかし、これに関するニュースを見て、大きな違和感を覚えざるをえません。なぜ、NHK記者が、捜査情報を伝えてはいけないのだろうか?NHK記者を批判する側こそ、何か間違った前提に立っているのではないかという違和感です。

法的に考えたら、NHK記者は警察関係者ではなく、捜査情報を秘匿する義務がありません。捜査情報は、警察関係者→(途中不明)→スポーツ紙の記者→NHKの記者→大相撲関係者(時津風親方)という流れで漏洩したようですが、本来、非難されるべきなのは、捜査情報を漏洩させた警察関係者であり、スポーツ紙の記者や、NHKの記者ではないはずです。

では、なぜ、NHKが謝罪しなければいけないのか?端的に言えば「マスコミにはモラルがあるから、行動を自制しないといけない」ということになるのでしょう。しかし、むしろ、この発想こそおかしいのではないかと私は思うのです。

本来、マスコミと警察は、緊張関係にあるはずで、マスコミに流した情報は、どこに伝わるか分からないと考えるべきです。図にするなら、以下のような形になるでしょう。

警察 | マスコミ+一般人

これは非常に重要なことです。警察がある発表をしたとしても、「本当にそれが正しいのか」と検証する。こういうジャーナリズムとしての基本姿勢を前提に考えれば、NHK記者は警察の捜査が正しいのかどうかにすら疑問を抱いていなければいけません。捜査そのものの正当性が不明である以上、捜査情報を流したことは大きな問題ではないということになります。ところが、今回の事件に対する報道で分かったのは、NHKを含めた、日本のマスコミが以下のような構図で問題をとらえているということでしょう。

警察+マスコミ | 一般人

マスコミは警察の代弁者であり、警察と一体となって、悪を糾弾する「正義の組織」だという立場です。マスコミは、警察から取材の上での便宜(捜査情報の漏洩など)を受ける代わりに、それを秘匿する責任を負っている。だから、この責任を負わず、被害者(大相撲協会)を裏でつながるような記者が非難されるわけです。要するに、NHK記者が非難されるのは、法律を犯したからでもなければ、本来のジャーナリズムとしての役割を果たさなかったからでもなく、「警察=マスコミカルテル」の内輪のルールに背いたからです。NHKの取材情報漏洩事件を受けて、マスコミ各社がNHKに批判的な記事を書くのも、警察への忠誠度を競い合っているのに過ぎないとも言えるでしょう。その行間からは、「当社には捜査情報を流しても大丈夫ですよ」という本音が聞こえてきそうです。

まさに、こうしたマスコミの体質が、村木事件を初めとする、多くの冤罪を生み出してきたと言える…とでも書きたいところですが、ここまで開き直られると、批判する気力すらありません。ただただ、日本の優秀なマスコミに乾杯。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(1件) | トラックバック(0件)

コメント

警察への忠誠という点についてはやや疑問ですが、法やジャーナリズムの本質などではなく、内輪のルールに背いたから非難されているという件についてはまったく同感です。また、他社の失態に(それがどんなつまらないものでも)大喜びするという、マスコミ各社の醜悪な体質が露呈したもののようにも思います。

投稿: | 2010/10/12 12:33:03

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき