情報学ブログに書くほどではないニュースネタのためのサブブログ

トップ
">ニュース
">パソコン・インターネット
">学問・資格
">情報学
">携帯・デジカメ
">日記・コラム・つぶやき
">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際
アーカイブ

死刑制度と二つの人権

経済・政治・国際 | 2010/09/10

死刑制度に対する賛成意見と反対意見の背景には、「人権」に対する異なる二つの見方があります。片方を取れば死刑制度の存続という結論が導かれ、片方を取れば死刑制度の廃止という見方が導かれます。死刑制度に賛成するにしても、反対するにしても、このことを理解することは非常に重要です。

1. 国家によって保障されるものとしての人権

人権というのは形式的には、憲法や法律によって保障されるものです。そして、この意味で人権が保障される範囲は恣意的です。言い換えれば、憲法や法律によって、人権が保障される範囲を決めることができるということです。

この観点からに立ったからと言って、死刑制度は手放しで肯定されるものではありませんが、少なくとも選択肢に入れることはできます。つまり、一定手続きを経た人間を「法の保護の対象外」とし、人権を剥奪する制度として死刑制度を見るということです。これに近い制度としては、古い法律の概念である「アウトロー」があります。

2. 普遍的なものとしての人権

これに対し、死刑廃止と結びついているのが普遍的なものとしての人権です。国家というのは、さまざまな制度の一つであり、間違えることもあります。そうだとしたら、国家も間違えるということを前提に、国家から個人を守るものとしての人権という考え方が必要になるからです。

こうした立場にしたがえば、当然、死刑制度は「人権侵害」ということになります。ここで重要なのは、単に裁判技術の問題として冤罪ではなく、国家権力による恣意的な法解釈によっても起きる冤罪が問題になっているということです。こうしたことを踏まえると、取り返しの付かない人権侵害である死刑には問題があるという判断は当然です。

3. 近代国家における人権

さて、こうした「普遍的なものとしての人権」という考え方を出すと、条件反射的に反発する人がいそうですが、そんなに単純なものではありません。日本国憲法を初めとする近代的な憲法では、国家によって保障されるものとしての人権ではなく、普遍的なものとしての人権を出発点に法体系が組み立てられているからです。国家が間違えるということを踏まえて、国家を規定するものとして憲法があるわけです。

つまり、近代国家における人権は、国家によって保障されるものではあるけれど、国家が保障する人権は理念上、普遍的なものなのです。こういうある種の「ねじれ」の下で近代国家が成り立っているということがポイントです。

4. 国際秩序における人権

こうした「普遍的なものとしての人権」は全く別の側面からも考えることができます。それは国際秩序における普遍的人権という側面です。

第二次世界大戦において、連合国=国際連合 (United Nations)は、日本やドイツを非難するために、普遍的な人権概念に基づく国際秩序を構想しました。これは結果として、全ての国が連合国=国際連合側に立っている現在における国際秩序の基盤になっています。こうした秩序は冷戦体制の下で隅に追いやられ、その役割を果たすことができなかったわけですが、冷戦の終焉…特にコソボ紛争とその解決過程を通して、再び、時代の主役に付くことになりました。

もちろん、国際秩序としての普遍的人権は、非常に弱いものであり、大国の都合で簡単に覆るのも事実です。また、「戦勝国の都合」という形で、その歴史的経緯を非難するのは簡単です。しかし、それでも、日本にとって、普遍的人権が安全保障上の重要な価値であることには変わりません。たとえば、今後中国が経済力を強めて、政治的にもアメリカと近づいたとします。そういう状況で、中国が日本に侵攻したら、アメリカは日本側に立つべきか中国側に立つべきか迷うでしょう。そうしたとき、日本がアメリカに訴えかける根拠は普遍的人権以外にありません。

5. 死刑制度に賛成することの意味

つまり、死刑制度に賛成するということは、憲法の前提にあり、また現代の国際秩序に重要な役割を果たしている「普遍的人権」を否定するということとも言えます。

ただ、このことが直ちに、死刑制度を絶対に廃止するべきということを意味しているかというとそうではありません。実のところ、社会制度はさまざまな矛盾する価値の体系であり、死刑制度が他の制度と矛盾しながら、存続し続けるということも、ありえないことはないからです。北朝鮮は外交上の立場が一貫していないわけですが、だからこそ世界でもトップレベルの外交能力を持っているとも言えます。中国は国内の制度が一貫しないことで有名ですが、経済的にもっとも注目されている国です。日本が死刑に関して一貫しない立場を取るということは、それだけで批判できるようなことではありません。

ただ、それでも一つ言えることは「日本は西洋とは違う伝統を持っているから死刑を認めるべきだ」というのはナンセンスだということでしょう。イギリスにもフランスにも、死刑やアウトローの制度があったわけであり、伝統ということに関しては、根本的に違うわけではありません。それにもかかわらず、近代化の過程で、そうしたものを捨て去ってきたわけです。むしろ、安全保障を取り巻く環境や、司法に対する不信感などを踏まえると、日本ほど「普遍的な意味での人権」が必要とされる国はないとも言えます。

もちろん、こうしたことを全て理解した上で、「死刑賛成」ということは十分考えられます。特に、国家を超越する何者かの下位に置かれるものとして、国家を理解するのであれば、上のような議論は無効でしょう。ただ、「本当にそのことを理解しているのか」と問いかけ続けることは、重要ではないかと思います。ちなみに、私個人は必ずしも死刑制度に反対ではありません。

○ 関連記事

この記事とほぼ同じ論旨で、2年ほど前に以下の記事を書きました。特に新しいことを書いたわけではなく、対象とする読者層が若干変えて書き直したのがこの記事です。

死刑制度と人権―コミュニケーションシステムの視点から

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

コメント

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき