情報学ブログに書くほどではないニュースネタのためのサブブログ

トップ
">ニュース
">パソコン・インターネット
">学問・資格
">情報学
">携帯・デジカメ
">日記・コラム・つぶやき
">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際
アーカイブ

千葉法相は「信念を曲げた」のか?

ニュース経済・政治・国際 | 2010/07/29

死刑廃止論者だった千葉景子法相は同日の記者会見で、死刑執行に自ら立ち会ったことを明らかにした上で、東京拘置所の刑場を今後公開し、法務省に存廃を含めた死刑制度を考える勉強会を立ち上げる意向を示した。同省によると、法相が死刑執行に立ち会うのは初めて。

民主党政権で初の死刑執行=法相自ら立ち会う-1年ぶり、篠沢死刑囚ら2人・法務省

上の新聞記事は「死刑廃止論者だった千葉景子法相は」という表現を通して、明らかに千葉法相が自分の主張を変えたかのような印象を与えようとしている。しかし、この件に関して千葉氏が信念を曲げたとか言う人は、この問題を全く理解していないのだろう。そもそも、死刑賛成派が中心に主張されているのが、

1. 死刑制度に対して賛成か
2. 法相は自分の信条にかかわらず死刑執行に署名するべきか

これは全く別の問題だということだ。1に対してYESで2に対してNOという人もいて良いし、1に対しNOで2に対してYESという人がいても良い。たとえ死刑制度に反対でも、自分の信条にかかわらず死刑執行に署名するべきだというのは、死刑賛成派の中で主流とも言える意見である。

そもそも、死刑賛成派が前提にしているのは、1に対する答えは「思想・信条の問題」だということだろう。なぜなら、死刑制度に賛成するというのは、普遍的な人権よりも、文化や時代によって異なる社会制度を優先するということ。つまり、死刑賛成派は、死刑廃止派の立場が立場として存在することを認めなければ、自らの立場も危うくなってしまう。一方、2に関しては法律の解釈の問題であって、単なる思想信条の問題ではない。ただ、これもなかなか複雑な問題であり、いずれが正しいとも単純には決めがたい問題である。

こうした中、千葉法相は、1に対して反対で2に対して賛成という判断を取ったわけであり、ここに何ら「信念を曲げた」と言える要素はないのだ。

もちろん、「自分の信条と照らし合わせて死刑執行の署名をするべき」と主張する人々は、死刑そのものに賛成・反対にかかわらず、千葉氏を批判する資格がある(例:id:hokusyu)。しかし、その場合でさえも、「信念を曲げた」と批判するのは見当違いだろう。また、千葉氏が過去に「自分の信条と照らし合わせて死刑執行の署名をするべき」と言っていたのに、それが変わったという主張をする人であれば、その点に関して法相を批判するのはもっともである(例:-O-R-E-氏)。しかし、これも千葉氏の信念に属する問題かどうかは微妙であり、「信念を曲げた」という表現は違和感がある。千葉氏に対する批判の全てが見当違いというわけではないが、ナイーブに「信念を曲げた」という人はかなりの割合で死刑制度についての議論を勘違いしているのである。

さて、

千葉法相は「(執行を)きちっと見届けることも私の責任だと考え、本日の執行に立ち会ってまいりました。法相が死刑に立ち会ったのは初めてではないか」と述べた。

これは、本人の言う通り歴史的な快挙で、素直に評価して良い点だと思う。これほど本質的な問題を政治的パフォーマンスと言うのなら、政治的パフォーマンスではないのは何なのだろうか。

社会が死刑を選ぶかどうかは微妙なバランスの問題、二つの価値を天秤にかけてどちらを取るという問題である。いずれの立場を取っても、何かが失われる。だとしたら、死刑に賛成するにしても反対するにしても、その天秤の両方に乗っているおもりを、目をそらさずに凝視する勇気が必要ではないかと思う。

死刑を執行された篠沢一男氏、尾形英紀氏に合掌。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(1件)

コメント

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

この記事へのトラックバック

平成22年7月28日(水)  本日,私の命令の下に,篠澤一男,尾形英紀の2名の死刑を執行しました。 3日前に、ある法務大臣が死刑執行命令を下したことが話題になっている。 http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho08_00052.html 法務省のサイト。死刑執行がすかさ...... 続きを読む

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき