情報学ブログに書くほどではないニュースネタのためのサブブログ

トップ
">ニュース
">パソコン・インターネット
">学問・資格
">情報学
">携帯・デジカメ
">日記・コラム・つぶやき
">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際
アーカイブ

外務省報道に隠された「記者クラブ維持」という本音

ニュース | 2009/09/24

首相が「村山談話」を踏襲する考えを示したことについての胡主席の反応を聞かれると、松野氏は「非常に好意的な言葉があった」としか答えられず、「ちょっと待ってください。事務方でメモしていますか」と外務省幹部に助けを求める場面も見られた。

自民党政権下でも、官房副長官が首脳会談の中身を記者に説明することはあった。ただ、冒頭、テーマごとに会談のやり取りを詳細に説明し、説明に先立って外務省側と綿密な打ち合わせがあった。

「政治主導」を強調する民主党政権の方針に沿って、松野氏は「自分の言葉」で説明しようとしたが、準備不足は否めなかったようだ。

日中首脳会談説明、「政治主導」のはずが官僚に「助けて」

何を話して何を話さないか、どういう態度で話すのかを政治家が決めるのが「政治主導」なわけで、全ての知識を政治家が頭に入れておくのが政治主導ではないはずです。政治主導が成り立つための理想的な官僚は、知識やデータを蓄え、必要に応じて引き出す、「グーグル」みたいな存在でしょう。政治家はグーグル(官僚)を使いこなす能力を持てば良いだけで、自分がグーグルになる必要はないのです。そういう意味で、記者会見の最中に、足りない知識を官僚に聞くのは、「政治家―官僚」の理想的な関係だと言えます。

それは、この記事で扱われている問題についても同じです。会談の具体的な内容を政治家が全て記憶しろというのは無理な注文であり、むしろ官僚にまかせておいた方が良い分野でしょう。記者会見の最中に、事務方と連携を取ることを批判するのは、全くもって意味不明なのです。また、「事務方でメモしていますか」という「表現」を政治家が「主導していない」という理由に挙げる人もいるようですが、これもかなりひどい揚げ足取りです。上司が部下に依頼するとき、客がウェイターに注文するとき、「~がありますか?」と聞くのは、日本語の丁寧表現一種であり、「主導しているかどうか」とは無関係です。

では、なぜこんな記事が出てきたのでしょうか。この記事は外務省で行われた「記者クラブ解放」に対する牽制という非常に政治的な意味を持つ記事ではないかと思われます。

民主党は、従来の「自民党―官僚―マスコミ」の癒着の元凶とも言える「記者クラブ」を廃止することを打ち出していたのですが、その公約は早くも反故にされてしまいました(link)。しかし、これには根強い反対意見もあり、今後民主党が「記者クラブの解放」を行うかどうかは非常に流動的な情勢です。こうした中、外務省だけは「記者クラブの開放」を打ち出したのです。したがって、マスコミとしては「外務省では記者会見がうまくいっていない」ということを印象づけるために、どんな捏造記事でも書きたいというのが、正直なところなのでしょう。

自民党時代の記者会見は、官僚とマスコミが事前に打ち合わせをして、質問内容まで把握しており、したがって、「滞りなく」記者会見が進められたと言えます。逆に、マスコミは、政府側が指定した質問しかしなかったのです。ところが、外務省では記者クラブがないために、そういう「お手盛り記者会見」ができなかった。そこでマスコミはここぞとばかりに「政治家では答えられそうにない」意地悪な質問をぶつけ、その対応を報道したということでしょう。要するにマスコミは「記者クラブを尊重しないと、こんな痛い目に合うぞ」というメッセージを、政治サイドに送ろうとしているのではないでしょうか。そう考えると、この記事で、批判するべきでもないようなことをわざわざ批判している理由が良く分かります。

冷静に考えれば、今回のようにマスコミと政治家が緊張感を持ちながら記者会見をすることは、政治改革の貴重な第一歩とも言えるものです。むしろ民主党のポイントアップとして考える方が自然でしょう。

自分の都合の良いように事実を曲解して記事を書くのは、マスコミの「伝統芸能」なのかもしれませんが、こうしてあまりにも読者をバカにしたような記事を書き続ければ、長期的に見て、既存メディアが読者から見放されるのを一層早くするだけの結果に終わるはずだ…と言いたいところ。ただ、まぁ、ネット上の意見の大部分が、大手マスコミの戦略にまんまとはめられているものばかりであることを考えると、まだまだ大手マスコミは安泰なのかもしれません。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(1件)

コメント

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

この記事へのトラックバック

記者クラブ5グーグルと言えばと花岡信昭さん の続き 記者クラブと民主党4(インターネットメディア編) を書く前にあるブログを見た。  そのブログの別の記事の方にTBさせて頂いたが まだ反映されていないようだ。別記事だったからしょうがないか。  民主党の裏切り、それは転落への道 というブログにも先ほどTBしました。  少し記事の内容を変えられた気がするが気のせいですね。 外務省報道に隠された「記者クラブ維持」という本音 を見ました。  一部引用。 ...... 続きを読む

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき