情報学ブログに書くほどではないニュースネタのためのサブブログ

トップ
">ニュース
">パソコン・インターネット
">学問・資格
">情報学
">携帯・デジカメ
">日記・コラム・つぶやき
">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際
アーカイブ

パンデミックが到来しました

ニュース | 2009/08/21

冬を待たずに新型インフルエンザが本格的に流行し始めた。各地で死亡や重症例の報告が相次ぎ、自治体などは再び警戒を呼びかける。

新型インフル再警戒 新学期控え恐々、マスク増産/asahi.com

インフルエンザ関連ばっかりすいません。医療情報がメインのブログではないのですが、あまりにもマスコミからの情報が少ないので、自分が書くしかないと思いまして…。

口コミ情報ですが、今週のインフルエンザ様症状による医療機関受診患者数が急増しているようです。

小さな診療所でも1日に10人近くの患者数というところがあるようですので、おおざっぱに推計すると、全国で、1週間に数百万人レベルの患者数ということになります。このペースで行くと今月中に、「1週間に1000万人が受診」という状況も架空の話ではなくなります。冬の流行期になる前に、日本人全員に行き渡るかもしれません。

さて、こうなると流行を食い止めるのはほぼ不可能ですが、ちょうど感染が急増する9月に、夏休みが終了し、学校が始まるのは大きな問題でしょう。穏やかに全国民に行き渡ってくれれば良いのですが、あまりにも感染者が多くなると医療機関がパニックになると思われるからです。

政府としては、一時的に、学校、リクリエーション施設、観光施設等を閉鎖する措置をとっても良いくらいだと思うのですが、選挙で頭がいっぱいの政治家に、そういう高度な判断を期待するのは難しいかもしれません。学校はともかく、経済的打撃があるような措置に関しては、選挙への悪影響を恐れて二の足を踏むのは明らかだからです。1週間に1千万人の受診者となれば、さすがに政府も考えるのでしょうか…。パンデミックと選挙、夏休み明けが重なったことが、後になって「悲劇」として語られることがないことを祈るだけです。

ちなみに、亡くなった方には気の毒ですが、これだけ患者数が増えれば、その中に死亡者や重症者が一定割合で出るのは当然で、驚くことではないと思います。従来型のインフルエンザでも亡くなる方は、例年多数いるのです。医療の問題に関して言う限り、「人が亡くなったら騒ぐ」というのは見当違いの対応。だって、現在、亡くなる方の大部分は病気で亡くなるわけですから…。ニュースになる病気亡くなった人の背景には、ニュースにならないような病気で亡くなるたくさんの方がいるのです。今は、急激な感染の拡大によって患者数が医療機関の能力を超えること防いだり、感染者が増えても経済が麻痺しないようにするという、そのことに絞った対策が必要ではないかと思います。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき