情報学ブログに書くほどではないニュースネタのためのサブブログ

トップ
">ニュース
">パソコン・インターネット
">学問・資格
">情報学
">携帯・デジカメ
">日記・コラム・つぶやき
">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際
アーカイブ

ネットエージェントの「アホの証明書」発行ソフト

ニュース | 2009/06/03

ネットエージェントは6月2日、P2Pファイル交換ソフトの使用履歴を検査し、使用していない場合には「検査証」を発行するソフト「P2Pファイル共有ソフト 検査証明ソフトウェア」を発売した。

就職活動中の学生が、就職希望先企業に検査証を提出し、「自分を採用しても、Winnyなどを通じた情報漏えいにはつながらない」とアピールするためのソフトで、大学など就職を控えた学生のいる教育機関に販売。教育機関が学生にソフトを貸し出し、学生は自宅のPCを検査、証明書を発行する――という流れだ。

「この学生はWinnyを使っていません」――「検査証」発行ソフト、ネットエージェントが発売

このソフト、どう考えても意味がありません。何で意味がないかって??説明するのも面倒なので、読者の判断にまかせます。しかし、この検査には少なくとも3つ以上の抜け道があり、検査そのものがほとんど意味もないものです。よく分からない人は、頭の体操だと思って考えてみてください。

それはともかく、この証明書を提出した学生は、「論理的思考力がない」or 「コンピュータに関する基本的な知識がない」ということを証明したことになるのは間違いないでしょう。自分が就職担当者だったら、絶対に不採用にします。逆に、この証明書を学生に提出させようとする企業があったら、その企業のセキュリティ部門のレベルの低さが分かるというものでしょう。そんな危険な会社に就職しようとは思いません。

mixiでは、霊感商法とか、詐欺とかさんざん叩かれていますが、この詐欺に乗ってしまう大学・学生、さらに企業がどの程度あるか、今から興味深いものがあるかもしれません。

笑い話のような本当のニュースでした。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき