情報学ブログに書くほどではないニュースネタのためのサブブログ

トップ
">ニュース
">パソコン・インターネット
">学問・資格
">情報学
">携帯・デジカメ
">日記・コラム・つぶやき
">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際
アーカイブ

小沢一郎の政治資金問題を信号無視でたとえてみる

経済・政治・国際 | 2009/03/25

小沢一郎の政治資金問題に対する評価は以前にも書いた通りですが、秘書が起訴され、続投の流れになっているので、これについてあらためてコメントしたいと思います。まず、次のようなたとえ話を考えてみてほしいと思います。

ある有名人が人のいない道で赤信号を渡ったことを理由に逮捕された。検察は「信号無視は別件逮捕で、もっと大きな問題がありそう」と思わせるリークを繰り返したが、結局、信号無視で起訴された。要するに余罪はなかった。

常識的に考えると、信号無視と政治資金規正法違反を比較するのはおかしな話だと思います。どうして比較の対象になるかというと、政治資金規正法違反は「多くの政治家がやっているが、検察はそれを分かった上で起訴してこなかった」問題だからです。だからこそ、民主党はもちろん、自民党の政治家からも、「余罪が出てこなければ、不当逮捕」という言葉が出てきたのでしょう。話を聞くと、小沢事務所の迂回献金は結構えげつないもので、国民感情から言ったら納得いかないのも事実ですが、「他の政治家もみんなやっている」のだとしたら、逮捕が不当だというのも仕方ない話だと思います。

で、理屈の上で言ったら、「こんなことで辞任したら、検察の不当逮捕に屈した」ということになるでしょう。道義的な問題として言うと、続投の判断はまっとうで、特に問題はないと思います。むしろ「小沢おろし」を画策している人間こそ、この問題を不当に政局に利用しようとする、理念なき行動をとっていると言えるかもしれません。マスコミが小沢代表をかばうような報道を繰り返すのも当然のことであり、むしろ「検察のリークを垂れ流しにした罪滅ぼし」と言えると思います。

もちろん、小沢一郎が民主党の代表にふさわしいかという話は、これと別。他の面を含めて、幅広い視点で考えていかなければいけない問題だと思いますが…。個人的には、どうしてあの人が民主党の代表をつとめ、次期首相などと言われているのか良く分からない面もあります。

○参考資料

道路交通法(第七条および第百十九条一の二)

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

コメント

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき