情報学ブログに書くほどではないニュースネタのためのサブブログ

トップ
">ニュース
">パソコン・インターネット
">学問・資格
">情報学
">携帯・デジカメ
">日記・コラム・つぶやき
">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際
アーカイブ

中川財務相辞任はマスコミの陰謀か、それとも視聴率獲得競争の結果か?

ニュース | 2009/02/18

たしかに、報道された映像を見ると「どうしたの?」と感じる面もあります。しかし、報道を見ていると、さすがに疑問を感じずにはいられませんでした。

1.
「酒癖が悪い」というマスコミ報道が真実なら、酒飲みが一杯のワインであのような状態になるということは考えられません。昼食のワインはイタリアでは礼儀として当たり前だと言われ、問題にするようなことではないと思います。時間帯やスケジュールの流れを考えれば、休憩時間に大酒でもしない限り、あの状態になることはないわけで、そもそも「酒」が原因というのは考えにくいでしょう。それにもかかわらず、「酒癖が悪い」と強調する報道姿勢には恣意的なものを感じずにはいられませんでした。このほか、イタリアの記者の「ブログ」まで持ち出すなど、印象操作に懸命だったという気がします。

2.
公式には風邪薬+時差ぼけという説明になっています。たしかに、時差ぼけには強い人と弱い人がいるわけですが、弱い人にとって時差ぼけは非常にきついものです。人によっては、「本人の意志と関係なく、突然眠る」という症状を示す人もいます。これはひどくなればナルコレプシーと言って、正式に疾患として認められている症状なのです。中川氏のように、薬の副作用など、特定の条件でのみ発症する症状がナルコレプシーとして認められるかどうかは分かりませんが、それに近い状態だということは言えるでしょう。たしかに、こういう人は周囲から誤解されやすく、「政治家に向いていない」面があるのは事実かもしれません。しかし、政治家を評価する際、こうした身体的な欠点をあげつらうことは、あまり有意義とは思えません。身体的な問題を抱えていたとしても、それを暖かく見守る視点があってこそ、能力のある政治家が評価されるようになると思うからです。ましてそれが「薬の副作用」だとしたら、辞任を要求する理由として本当に適切なのでしょうか?(ちなみに、麻生首相の読み間違えに対しても同じことを思います。「障害者の尊重」などというマスコミが、政治家のこととなると手の平を返したように悪質な「いじめ」に走る状況はあきれるものがあります)

3.
個人的には2の可能性が高いのではないかと思いますが、あのような激しい症状から考えて、飲食物に毒物を入れられたのではないかという可能性を指摘する人もいます。病的な症状としてのナルコレプシーを認めないのであれば、この可能性を重視することになるでしょう。

/////

自分は、中川財務相の実績を特に評価しているわけではないのですが、そういう自分が見ても、今回の件は辞任を求めたりするようなことではないと思います。恒常的なナルコレプシーならともかく、薬の副作用でナルコレプシー様の症状が発症するというようなら、今後の体調管理でカバーできることでしょう。さらに、それでもこうした身体的な能力の関係で財務相が務まらないということであれば、「申し訳ないけれども辞めていただく」という礼を尽くした言い方になるはずだし、せめて、診断結果などについての議論が出そろってから辞任を求められば良い話だと思います。

マスコミは、日本人と中国人が賛同しやすい「国としての恥」という感情を巧みに駆り立て、ほとんど「いじめ」とも言えるやり方で中川財務相を辞任に追い込んだわけです。マスコミはこのことをあたかも「正義」であるかのように思い込んでいるのかもしれませんが、このことを通して、「政治手腕以外の能力で政治家を評価する」という悪しき習慣に一層拍車をかけ、さらに「身体的な能力によって人間を追い詰めることが当たり前」だという社会に突き進ませたということを忘れてはいけません。こういう状況で、「辞任するほどではない」という意見、「多様性の尊重」を訴える意見が全くと言って良いほど報道されないことは、異常以外の何ものでもないでしょう。

こうしたマスコミの背景に何か政治的な力が働いていたのか、それとも、単に視聴率を取るための報道合戦の結果、こうなったのか。こればかりは、もう少し状況を見守らないと分かりません。しかし、いずれにせよ、今回の件を通して、日本のマスコミのレベルが低いことがあらためて証明されたということは、間違いないのではないかと思います。

○参考資料
各社の報道の詳細な分析については以下のブログが詳しいので、こちらに譲ることにします。

報道「中川泥酔会見」の闇(2/16)/博士の独り言
報道「中川罷免要求」の闇(2/17)/博士の独り言
報道「中川泥酔会見」の闇 2(2/17)/博士の独り言

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(1件) | トラックバック(1件)

コメント

こんにちは
私も中川氏についてのマスコミの報道の仕方は異常だと感じました。
それに乗せられた人たちが、酔っ払い、さっさと辞任しろ、みたいなことを言ってるのを聞くと恥ずかしいと思いました。
まずなぜこのような状態になったのかを冷静に見極めないのかが不思議です。
私はテレビで映像を見たとき、一番に病気ではないかと思いました。
小泉元総理が登場するといまだに持ち上げるマスコミ
一方中川氏は、小泉元総理が定額給付金の批判をしたことに対して、あの方も賛成されたはずなのに何をいまさら、みたいなことを言っておられたような記憶が(これもテレビ報道の一断面なので前後関係はよくわかりませんが)
もしかして政治的な陰謀もあるのでは・・・
そんなことも、ふと思いました。

投稿: yosi | 2009/02/19 0:31:19

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

この記事へのトラックバック

典型的な報道の「罠」か 中川財務相、G7会見で迷言 「深酒」や「居眠り」疑惑 【ローマ15日共同】 中川昭一財務相兼金融担当...... 続きを読む

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき