情報学ブログに書くほどではないニュースネタのためのサブブログ

トップ
">ニュース
">パソコン・インターネット
">学問・資格
">情報学
">携帯・デジカメ
">日記・コラム・つぶやき
">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際
アーカイブ

汚染米事件の真犯人は誰か?

経済・政治・国際 | 2008/09/09

○システムの欠陥という視点

三笠フーズによる汚染米事件が話題になっています。今回の事件の原因が、三笠フーズの関係者であることは論を待ちません。

ただ、今回の事件のような「モラル」や「倫理」にまつわる問題に関しては、事件の当事者だけを責めても、再発防止には意味がありません。どうやって、不正をチェックをし、未然に食い止めるかという視点から、問題を考えることが不可欠なのです。これは医療事故や航空・船舶・鉄道等の事故など多くの問題とも共通するものです。

こうした「チェック体制」という視点からすると、あらためて浮かび上がってくるのが農水省の、あまりにもいい加減な姿勢ではないでしょうか。今回の問題の背景には、組織の体面を重視して、不正の発覚を避けようとする、農水省のお役所体質があったと言わざるをえないからです。

これは、事件の当事者である「三笠フーズ」の関係者が悪いとか、罰しなければいけないという議論とは、完全に区別して行われるべきです。あくまで、三笠フーズは事件の加害者であり、非難を免れるべきではありません。それとは別に、それを監督、チェックする体制の不備を改めていかなければ、これからも同様の事件が起き続けることになるのです。

○ミートホープ事件との一致

そういった視点で三笠フーズに関する報道を見ると、つくづく思い出すのは、かつて日本中を震撼させたミートホープの事件です。ミートホープの問題で、農水省は事前に告発を受けていたにも関わらず、それを無視し、被害を拡大させたということが問題になりました。結局、農水省が動いたのは、この問題を朝日新聞が一面トップで報じて、「動かざるを得ない状況」になったのがきっかけです。(この経緯の詳細は、朝日新聞の特集に詳しく掲載されています。http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000530711140001

今回の三笠フーズの問題は、若干違うものの、それと全く同じ構造をしています。三笠フーズの汚染米問題も、匿名の通報に対して、(抜き打ち検査ではなく)事前に通告をした上での定例の検査しか行わず、さらに取引先に関してもほとんど調べなかったということが最大の問題なのです。要するに、検査と言っても、「とりあえず検査をしたことにしておけば良いだろう」という形だけの検査で、全く実効性のないものだったのです。

農水省の名誉のために言っておくと、今回の問題はミートホープの場合と異なり、度重なる告発に対して、農水省が重い腰を挙げて本格的な調査をしたことが、発覚したきっかけでした。その意味で農水省も「一応」仕事をしたとも言えるわけですが、「チェックシステムが機能していない」という意味では、ミートホープと全く同じ構造をしているのです。(ちなみに、大部分の販売先が「非公表」で終わったのもミートホープと同じです。多くの取引先は中小企業で倒産の危険があるからだそうです。)

こうしてミートホープの事件の共通する要素があるということは、ほかでもなく、この問題が偶然起きたものではなく、農水省のチェックシステムが機能していないということを意味しているでしょう。今回の事件を、個別の問題として終わらせることなく、「制度設計」という観点からより突っ込んだ議論を続けていくべきではないかと思います。

(具体的には、次の記事で議論をしています。

「食」の安全を確保するためには内部告発の促進が急務
http://informatics.cocolog-nifty.com/news/2008/09/post-c605.html

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

コメント

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき