情報学ブログに書くほどではないニュースネタのためのサブブログ

トップ
">ニュース
">パソコン・インターネット
">学問・資格
">情報学
">携帯・デジカメ
">日記・コラム・つぶやき
">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際
アーカイブ

中山国交相辞任―正論という自己満足

ニュース | 2008/09/28

中山国交相。言ってることはそれなりに正論です。成田の「ごね得」は事実だし、「日教組の弊害」も周知のところでしょう。「単一民族」も、それを主張したわけではなく、他の話の流れの中で出てきたものなので、不用意とは言え、撤回すれば良い話。

ただ、政治家の力量という意味では疑問を感じざるをえません。

成田空港問題に関して「ごね得」というのは、事実であっても国交相が言う際には細心の注意が必要なことです。国vs.地権者という対立の構造から言えば、中山国交相の発言は「交渉相手の感情を無駄に害する背信行為」と言えるからです。むしろ、「成田空港の問題」そのものに注目した話の流れで、「ごね得になっている現状はおかしい」と主張したなら良かったのでしょうが、「戦後教育」と結びつけたのはアウトでしょう。交渉相手の人格攻撃とも言える発言は、通常の政治家ならともかく、国交相が行って良いことではありません。

一方、日教組の件は、一政治家としての発言なら、そして他の失言が問題になっていない状況なら、それほど問題はなかったかもしれません。しかし、失言問題で辞任が騒がれている最中、最後に吐き捨てるかのように日教組の解体にまで言及したことは、政治家として適切な判断ではないでしょう。

マスコミや野党の批判も当を得たものとは思えませんが、それに対する対応もあまりにも稚拙だったのではないでしょうか。

ある方が「政治家は結果を出すのが仕事。正論を言うことに対する自己満足に陥っていたのではないか」と言うことをおっしゃっていましたが、まさにその通りではないかと思います。

○参考記事

中山国交相:28日辞任 就任から5日 問題発言責任取り
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080928k0000m010107000c.html

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき