情報学ブログに書くほどではないニュースネタのためのサブブログ

トップ
">ニュース
">パソコン・インターネット
">学問・資格
">情報学
">携帯・デジカメ
">日記・コラム・つぶやき
">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際
アーカイブ

mixi利用規約問題、背景にはグーグルによる買収?

ニュース | 2008/03/10

最近話題のmixi利用規約改定問題(参考)ですが、背景に、ロス疑惑や、mixi内の犯罪の増加があるという記事があります(ZAKZAK/IT media)。これは、かなり早い段階から出ていた噂ですが、どうも的はずれであると判断せざるをえません。というのも、捜査機関への正当な捜査情報の提供は、今回の新利用規約がなくても十分可能だからです。こうした議論をする人は、19条5項の強引な開示規定(2日以内にメールの返事をしなければ、非公開の日記が公開されてしまう)が関係あると見ているようですがが、犯罪にかかわっているような人が、2日以内に「開示していいですか?」とメールされて、開示をOKするとは思えません。また、今回一番話題になっている18条や附則2項に関しては、明らかに無関係でないかと思います。

では、いったい何が背景にあるのでしょう。実は、mixi内では次のような噂が流れています。

アナリストの間では、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のミクシィ(2121.T: 株価, ニュース, レポート)がグーグルの視野に入っていると指摘する声も出ている。

マイクロソフトのヤフー買収、実現すればアジアではグーグルの壁に(ロイター

それは、ミクシィがグーグルによる買収を考慮し、コンテンツ資産の価値を高めるために利用規約の改正に踏み切ったという噂です。これは、大変説得力があります。グーグルは、検索エンジンを通して、ユーザの日記や画像等をミクシィ外部に公開し、それによって利益を挙げるなど、多彩なビジネスモデルを構築できると思われるからです。

従来の規約において、運営側は、システムの構成要件によって暗黙的に著作権を許諾されているだけです。このため、運営側は、ユーザが投稿した段階で、システムの構成要件上、予想できる範囲でしか著作物を利用することができませんでした(*1)。mixi内部で公開されていた日記を外部にまで公開することを含め、新しいビジネスモデルをmixiに導入することは容易ではなかったのです。

これに対し、新規約では、運営側は従来のシステムに枠にとらわれず、ユーザの著作物を自由に利用できます。つまり、買収企業は、容易に新しいビジネスモデルを導入することができるようになるのです。そう考えると、今回の利用規程で、運営側に許諾される著作権の範囲が異常に広いことも、うまく説明できます。つまり、今のところ全く予想されていないようなビジネスを含め、買収側の企業があらゆるビジネスを自由に行えるよう、できる限り広い著作権規定にしたわけです。

もし、そうだとすると、今回の利用規約、いくら反対運動を盛り上げても、抜本的修正は見込めないのかもしれません。さすがに、mixiユーザの半分が退会するようなことになれば考え直すでしょうが、そこまで多くの退会が起きるとは思えません。10%程度~20%程度の退会であれば、売却に必要なコストという判断もありえると思われるからです。今回の騒ぎでは、著作権に関心の高いプロ・セミプロのクリエイターを中心に、かなり激しい退会の動きが出ているので、コンテンツとしての損失は10%~20%では済まない可能性もあるとは思うのですが、運営側が売却を前提に考えている限り、経営判断によってはユーザの反対を「強行突破」する選択肢も現実的でしょう。

ただ、そのときに逆に資産価値が下がってしまい、当初の目的を達成できなくなるということも、運営側は考慮しなければいけません。いくら運営側のコンテンツの利用範囲が広くても、人のいなくなったSNSに資産価値があるとは思えないからです。SNSは映画や音楽のように固定した「コンテンツ」ではなく、「人のつながり」が価値を生むシステムだということを忘れてはいけません。

まぁ、mixiがグーグルによって運営されている限り、そしてグーグルが今の状態である限り、(本人が拒否しているにもかかわらず日記が公開されるというような)脱法的な措置は取られないと信じますが、将来、SNSが事業として縮小してしまい、単なる「コンテンツ資産」として切り売りされてしまったら、ユーザの投稿した日記がどうなるか分かったものではありません。

やはり、ユーザは退会するしか選択肢がないのでしょうか。近いうちに運営側から提示されると言われている修正案(参考)が見ものです。

*1
「~でしか…できない」という表現を使いましたが、全く当たり前のことです。それ以上、ユーザの著作権に手を付けようという姿勢こそが間違っているという見方もできると思います。

お知らせ

mixiの利用規約問題については、この後ミクシィ側から大幅な修正案が発表されました。詳しくは以下の記事をお読み下さい。

mixiの利用規約問題は収束へ―今後の議論の発展に期待
http://informatics.cocolog-nifty.com/news/2008/03/mixi_7d92.html

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(3件) | トラックバック(0件)

コメント

はじめまして。
mixiのコミュからまいりました。
ロス疑惑については、日本では決着がついた形になっているので
通常の捜査情報の提供というかたちができるのかどうか
わからないためかもしれないけれど、それにしても…とは
思っていたのですが、
こちらでご指摘の背景のほうがありえそうで、
ますます暗澹とした気分になってきました。
ともあれ、わかりやすい記事をありがとうございました。

投稿: anna_rouge | 2008/03/12 1:49:51

ロス疑惑の噂はかなり前からありますね。
あと、中国進出という噂もありますが、
いずれも説得力がないのではないかと思います。
まぁ、所詮、いずれも予測でしかないのですけど…。

投稿: 情報学ブログ | 2008/03/12 3:33:15

なるほど。
納得できる内容ですね。
うーん、やっぱり怖いかも。。

投稿: ゆりこ | 2008/03/15 22:36:40

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき