情報学ブログに書くほどではないニュースネタのためのサブブログ

トップ
">ニュース
">パソコン・インターネット
">学問・資格
">情報学
">携帯・デジカメ
">日記・コラム・つぶやき
">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際
アーカイブ

新デザインでmixiのビジネスモデルに疑問符?

パソコン・インターネット | 2007/10/10

1. 新デザインに対する大ブーイング

10月1日、日本最大のSNSであるmixi(株式会社ミクシィ)が、サイトをリニューアルして新しいデザインに変更しました。ところが、新デザインにはさまざまな不具合があり、ユーザの間で大問題になっています。機能要望のページでは、3日間で「元のデザインに戻してほしい」という要望が10000件近くになり、9日現在で19787件と、すぐにでも20000件を越える勢い。近いうちに30000件を超え、機能要望のトップになる可能性も高い状況です。機能要望にアクセスするユーザが全体のごく一部であることを考えると、潜在的にはかなりのユーザが新デザインに不満を持っていることが分かります。さらに、いくつもの「新デザイン反対コミュニティ」ができており、mixi全体が、「新デザイン反対」で盛り上がっているのです。

多くのユーザが訴えているのが、全体的に不自然なすき間が多く、色彩的にも見づらいということです。機能要望や関連するコミュニティでは「白っぽくて目がチカチカする」というような意見が多く見られます。筆者も、最初に新しいデザインを見て思ったのは「見づらい」ということでした。

ただ、それだけなら「慣れるまでの辛抱」という面もあるかもしれません。しかし、問題はそれだけではないのです。最大の問題は、運営側が「推奨」しているブラウザ以外のブラウザでは見ることができなくなっているということです。特に、Mac OS 9 を使用しているユーザでは深刻で、まともに表示することすらできなくなっています。さらに、ユーザが最も多いと思われるInternet Explorerについても、推奨されているのは旧バージョンのIE6だけで、最新バージョンであるIE7は非推奨であり、一部の機能がうまく表示されません。さらに、IE6であっても、フォントの設定を「大」や「最大」にすると、レイアウトが崩れ、おかしな表示になってしまうのです。さらに、IE6でフォント設定を「中」にしても、コミュニティで長いURLが書き込まれたり、長いタイトルの日記を表示するとデザインが壊れるなどのエラーが続出しています。これでは、ユーザからブーイングが出るのも当然でしょう。

こうして、mixiを見ることができないユーザが増え、ミクシィの利用者数が減れば運営側は大きな不利益を受けることになるでしょう。しかし、今回のデザイン変更で運営側が受けるであろう不利益はそれだけではありません。それは、新デザイン反対コミュニティを中心に、広告を非表示にして利用しようという動きが広まっていることです。新デザインになったのをきっかけに、mixiの画面を自分でカスタマイズしようとすると、必然的に広告を非表示にすることになるからです。口コミを通してこうした動きが一気に加速していけば、ミクシィの経営は大きな打撃を受けることになるに違いありません。

2. 非効率なCSS

筆者は、新デザインに反対するコミュニティの参加者と情報交換しながら、CSSという技術を用いてブラウザの設定を変えることでより良い表示をする方法を考えてきました(http://informatics.cocolog-nifty.com/news/2007/10/mixi_css_3bb9.html)。ただ、新デザインのCSSを解析していると、新デザインが行き当たりばったりで全く統一性がないものであることが分かります。たとえば、見た目が同じ見出しであれば、全て共通の方法で表示した方が良いと考えるのが普通でしょう。ところが、mixiの新デザインでは、同じように見える表示が、いくつもの異なる方法で実現されています。全体としての統一したコンセプトのようなものが全くと言って良いほど見られないのです。これでは、さまざまなところで、表示の不具合や不統一感が生まれるのは当然のことでしょう。

このことは、実は運営i側にとって非常に問題です。というのも、そもそもCSSは、新機能の追加やデザイン変更を容易にするために用いられる技術であり、開発コストの軽減に活かされなければ、全く意味がありません。ところが、今回の新デザインでは、CSSの記述方法が統一されていないために、以前よりもかえって開発が面倒になっている可能性すらあります。必要な量の数倍のコードで書かれていることからも、非常に非効率であることが分かります。

3. ミクシィの脆弱な開発体制

では、どうして、こういった誰の利益にもならないデザイン変更が実行されてしまったのでしょうか。通常、大きなソフトウェア開発プロジェクトでは、いくつかの部門に作業を分割し、それぞれの部門が作業をするという形態を取ります。ここで、部門に対する作業の分割の仕方が不適切であれば、全体として整合性の取れないデザインになったり、不具合が多くなってしまうのです。今回のmixiのデザイン変更では、まさにそういうミスを犯していたということが予想されます。

おそらく、運営側としては、最初から今回のような「ユーザ切り捨て」となるデザイン変更を意図していたはずがありません。今後の開発コストを低減させ、顧客満足度を高めるためにCSSの導入をはかったのであり、その中には、より多くのブラウザに対応させるということも含まれていたはずでしょう。ところが、開発の手続きを間違ったために、不具合が多いデザインとなり、問題があるということを分かっていても見切り発車せざるをえなかったというのが現実ではないでしょうか。結果としてユーザ切り捨てとなり、ユーザにとっても、運営側にとっても不幸な結果を招いてしまったのです。

そう考えると、mixiの新デザインの問題は、IT企業であるミクシィの資質にかかわる重要な問題であることが分かると思います。つまり、今回の問題は根本的にはミクシィの開発能力の低さが露呈した結果であり、さらに、問題が生じても見切り発車してしまったことからは危機管理能力が疑われることになるからです。

4. ポータルサイトとしてのSNS

現在、SNSはWeb上の固定されたデザインで提供されるのが普通ですが、技術的にはメールのように専用ソフトを使って実現することもできます。こうなるとSNSはメールサーバーのように意識されない形で利用され、広告を提供することができなくなります。

理論的に言えば、SNSサイトは、ポータルとしての機能+SNSとしての機能の2つに分離することができます。本来、SNSはポータルサイトの一機能に過ぎないものであり、他のソフトウェア、他のポータルサイトと組み合わせて利用することも、理論的には可能なのです。SNSは、本来、直接的には利益につながらないものなのですが、それをポータルサイトとしての機能と結びつけることで、一つのビジネスモデルを作り上げてきたと考えることもできます。

ところが、今回の新デザインの導入を機に、mixiのデザインを変更したり、広告を非表示にするユーザが出現してきました。こうした動きは、mixiの「SNSとしての機能」と「ポータルとしての機能」を分離し、「SNSとしての機能」だけを利用しようとする動きの出発点と理解することもできます。今後、こうした流れは一気に加速し、mixiビジネスモデルを根本から覆す可能性もあるでしょう。

つまり、mixiの広告収入は、単にSNSとしての機能によって成り立っているのではなく、ポータルサイトとしての機能を評価されることで成り立っているのです。したがって、運営側がポータルサイトとしての機能を無視してユーザ軽視のデザイン変更を行えば、ユーザはポータルとしての機能を利用しなくなり、運営側の利益につながらないSNSとしての機能だけを利用しようするようになります。これは机上の空論ではなく、すでに起きていることなのです。つまり、今回のデザイン変更にまつわる問題とそれに対するユーザ側の反応は、ミクシィ側が、自分たちのビジネスモデルについて正しく理解せず、ポータルサイトとしての魅力を高める努力を怠ってきた結果だと考えることもできるでしょう。

今、mixiは国内でトップレベルの広告シェアを得て(http://business.nikkeibp.co.jp/article/nmg/20071008/136857/)、株式市場でも注目されています。しかし、SNSの運営は、いつ急激に縮小してもおかしくない「砂上の楼閣」であることを忘れてはいけません。もし、現在のようなユーザ軽視の運営を続くなら、ユーザ数そのものは変わらなくても広告収入に結びつくユーザが激減するということも十分考えなければいけないでしょう。今回の新デザインの導入を機に、SNSのビジネスモデルそのものが問い直されているのではないかと思います。

○関連記事

mixiもGREEも、コミュニティ運営は難しい?/CNET News
http://japan.cnet.com/panel/story/0,3800077799,20358192,00.htm

ミクシィデザイン変更で大混乱 ビスタもマックも使えない!/J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2007/10/06011989.html

今回のmixiのリニューアルについて/専門家に聞く(ALL ABOUT)
http://profile.allabout.co.jp/ask/qa_detail.php/6863

mixiのインターフェイスがまた改悪された件/ITベンチャーの社長のブログ
http://blog.livedoor.jp/buu2/archives/50405794.html

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(2件) | トラックバック(0件)

コメント

@niftyトップページ「旬の話題ブログ」コーナーにて、
10/10に本ページの記事を紹介させて頂きました。
紹介記事については、「旬の話題ブログ」バックナンバーで
半年間、ご覧いただけます。
今後も旬な話題の記事を楽しみにしておりますので、
引き続き@niftyをご愛顧の程、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

        @nifty「旬の話題ブログ」スタッフ

投稿: 「旬の話題ブログ」スタッフ | 2007/10/11 13:28:30

先日に続き二度目の紹介、ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: 情報学ブログ | 2007/10/11 13:51:46

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき