情報学ブログに書くほどではないニュースネタのためのサブブログ

トップ
">ニュース
">パソコン・インターネット
">学問・資格
">情報学
">携帯・デジカメ
">日記・コラム・つぶやき
">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際
アーカイブ

政治とカネ―議論が本質からそれてないか?

経済・政治・国際 | 2007/09/06

与謝野馨官房長官は5日午後の記者会見で、政治団体の1円以上の経常経費支出に領収書添付を義務づける政治資金規正法の再改正について「実際やるとなると、会計の知識を持ち、根が正直でまじめな職員が(各議員事務所に)もう1人必要だという。そういうことが心配されるんだろう」と消極姿勢を示した。

<与謝野官房長官>1円以上の領収書添付義務づけに消極姿勢/毎日新聞
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070906k0000m010038000c.html?in=rssw
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070905-00000084-mai-pol

「政治のカネ」について記事を書こうと思っていたら、おもしろい記事を見つけました。この人本気で言っているんでしょうか。皮肉なんでしょうか。もしかして、今、議員事務所にいる人間は「根が正直でまじめではない」と言いたいのか…。いずれにせよ、100円の領収書を10000枚切るようなお金の使い方をしない限り、このために事務員を一人雇う必要はないでしょう。領収書の管理さえきちんと行えば、後は会計事務所に処理を委託する方法だってあります。政治資金の透明化に「事務負担」を取り上げる議論は、見当違いもはなはだしいのではないでしょうか。

そもそも、「一定額以上の領収書添付」というのは、ほとんど意味がありません。そういう制度の場合、実際には10万円の支出であっても、「これは5万円以下の領収書の集まりだから公開不要」と言い張れば、誰も文句を言えなくなるからです。「全ての支出」を公開して初めて収入と支出とつじつまが合い、不正な処理を見抜けるようなると言えるでしょう。だからこそ、企業でも自営業者でも、公的な要素のあるお金は「全ての収入」「全ての支出」を明確にすることが義務づけられているのです。そこに一つでも例外があれば、不正し放題、脱税し放題ということになるでしょう。

ただ、良くあるような、単純に民間と比較した議論は当たらないと思います。政治資金報告書の内容は、税金がかかわるわけではない一方、最終的には国民全体に公開されるものであり、その点で民間企業と大きな違いがあります。政治団体はすでに収入が完全に公開されているのだから、支出まで完全に公開する必要はないという議論は十分に考えられるでしょう。一方、全ての支出が公開されてこそ、政治資金の「規正」として初めて意味を持つという主張にも説得力があります。支出が不明確であれば、収入もごまかせることになってしまうからです。どちらもそれなりに説得力がありますが、世論は後者の方に傾いているというのが現状でしょう。

どちらが正しいのかということはここでは議論しません。しかし、いずれにせよ、この問題の本質は、事務の負担というような細かい話ではなく、政治団体の支出をどこまで公開する必要があるのかということ、そのことに尽きるのです。最近の議論を見ていると、どうも本質的ではない「事務負担」の方に目が行っているように思うのですが、いったいどうなっているんでしょうか。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(1件) | トラックバック(0件)

コメント

てゆーか、『政治と金の問題』って、
いつからこんなにセコい話になっちゃったんだろ( ̄▽ ̄;;?
19マンの郵便代とかさぁ。
草葉の陰で田中角栄が苦笑していそうだ。。。

投稿: nao | 2007/09/06 23:48:58

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき