情報学ブログに書くほどではないニュースネタのためのサブブログ

トップ
">ニュース
">パソコン・インターネット
">学問・資格
">情報学
">携帯・デジカメ
">日記・コラム・つぶやき
">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際
アーカイブ

死刑のパラドックス

ニュース | 2007/09/26

「人間の資格ない」と法相批判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070926-00000109-jij-pol

鳩山法相が、「死刑執行は自動的に行うべき」と言ったことが波紋を呼んでいます。法相の死刑執行権限にはえん罪による死刑を防ぎ、行政が司法を監視する役割もあるわけですが、そのことを理解していない鳩山氏に法相の資格なしというような批判がが寄せられています。一方、死刑の執行を推進する立場から、「当然のこと」という意見もあります。それに関連した亀井静香氏の発言を取り上げたのが、上記の記事です。

記事の中身はどうでも良いのですが、この記事を読んで、ふと、こんな思考実験を思いつきました。

民主主義の社会において、死刑に賛成の有権者は「人殺し」の共同正犯だから全員死刑にすべきという議論も成り立つ。そうして全員を死刑にすれば、死刑は廃止される。

現実の社会では前半の議論が成り立たないので実際に起きることはありませんが、倫理の問題としてはおもしろいパラドックスです。

ちなみに、自分は死刑廃止論者ではありませんが、えん罪の起きやすい現在の司法制度の中で、死刑という制度があることは非常に危険だと思っています。死刑を推進する前に、「発展途上国レベル」と言われる取り調べの改善や、終身刑の強化など、やらなければいけないことがたくさんあるのではないでしょうか。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき