ホタルノヒカリ

映画・テレビ | 2007/08/18

「こういう大きな作品は慣れてないので、そうそうたるメンバーの中で俺がこんなにいいポジションでいいんだろうかとか、どこまでやれるのかというプレッシャーがありました」。メジャーデビューへの期待と不安を振り返る顔は画面で見る以上にイケメンだ。

【旬発力】加藤和樹 「ホタルノヒカリ」
http://www.sankei.co.jp/culture/enterme/070815/ent070815000.htm

この間、ホタルノヒカリというドラマを見ました。しかも、事情があって、後半部は二度も見させられました(笑)。

しかし、あのドラマ、基本的に女性の心理を追ったものなので、男の視点から見るとつまらない。役者としての綾瀬はるかは魅力的なのですが、現実に蛍(綾瀬はるか)みたいなな女性がいたら引くし、恋愛対象にはならないと思ってしまいます。

そんなふうに思う原因としては、蛍の彼氏である手嶋さん(加藤和樹)の演技が下手だっていうのもあるかもしれません。シナリオ上、手嶋さんは蛍のことを好きで、ドキドキしているはずなのですが、全くドキドキ感が伝わってこないのです。男としてはどうしても、手嶋さんの方に自分を重ね合わせて見てしまうので、「どうでもいい女に付き合わされている」という感覚を覚えてしまいます。

それで、上で引用した記事なのですが、この役者さん、新人なんだそうです。たしかに、男の自分も惚れたくなるほどのイケメン。今後の活躍に期待というところでしょうか。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

コメント

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき