「受験の神様」のおかしな教育論

映画・テレビ | 2007/08/13

先日の土曜日、「受験の神様」というドラマを始めて見ました。本来、受験をめぐる親子の葛藤などに注目するべきドラマであり、「受験の神様」と言われる道子(成海璃子)の教育論に立ち入ってはいけないのかもしれません。ただ、多少なりとも教育にかかわっている自分の目から見ると、 教育論として底が浅いな…とあきれました。

某大手学習塾が協力しているこの番組。中学受験を目指す生徒の親の多くが、受験について何かを聞くとすぐに鵜呑みにしてしまうようなナイーブな状況にあることを考えると、内容についても、もう少し考えて欲しかったと思います。

たとえば、先週の番組の中で「受験の神様」である道子は、受験のテクニックとして以下のようなことを言います。

1. 勉強の基礎としての暗記は大切
2. その上で、結果ではなくプロセスを重視すること、考える楽しさを学ぶことが重要。

どちらもある意味正しい話だと思います。これは、「受験の神様」に限らず、ワイドショーのコメンテーターなどが指摘するような、ありがちな教育論でしょう。しかし、このアドバイスを元に適切な学習ができるかといったら、まずそういうことはないと思います。

たとえば、暗記にしたって、 ドラマの最終局面であったような、 電話帳(単語帳)方式の暗記では、ほとんどの生徒が落ちこぼれます。たしかに、暗記は大事ですが、どうやって暗記するかは、その知識を定着させ、活用するために決定的に重要です。学習の仕方が悪ければ、暗記したものは定着しないし、活用することもできません。「駅から家までの道順」を覚えることはできても、「電話帳の一ページ」を覚えることはできない。そういう経験は誰にでもあるでしょう。情報が活きた形で知識を身につけることが何よりも必要なのです。

では、どうすれば良いのか。電話帳方式の暗記をやめ、自分の力で考え、知識の相互関係を理解するような「ネットワーク方式」の学習にしていくことです。どういう「ネットワーク」が適切かというところでは、<実験をさせる><考えさせる><語呂合わせを使う><関連するエピソードを学ぶ>などさまざまな方法があり、教師の個性と、生徒の適性の違いが顕著に表れるわけです。ただ、いずれにせよ「電話帳方式」の暗記では、ほとんどの生徒が落ちこぼれるだけでしょう。

一方、今回の番組のハイライトだったのが、プロセスを重視すること。たしかに、これは、勉強の心構えや経験として重要です。また、学習していく中で、その背景となる考え方、プロセスを理解することは非常に重要です。しかし、限られた時間の受験勉強で、無制限にやればいいというわけではありません。ただ、やみくもに考えていたら、いくら時間があっても足りないでしょう。何を目標として考えれば良いのか、どのくらいの時間をかけて考えれば良いのか、というようなことを考えることこそが、「プロセス重視の学習」のために必要なことなのです。

そして、その目標として重要になるものこそ、先ほどの話とも関係する「暗記事項」です。たとえば、ある理科の暗記事項をもとに、関連する別のことを学んで思考のネットワークを作っていく。ただし、いつも最初に事項に戻ってくるというようにすれば、最初の暗記事項は確実に理解できるようになるでしょう。

大きく言うと、「受験の神様」のような教育論は、「人間」をどうとらえるかというモデルが間違っているのだと思います。こうした教育論では、「人間の思考のベースには教科書のような知識があり、人間はそれをもとに考えている」ととらえ、だからこそ「まずは知識を詰め込み、それをもとにプロセス重視の勉強法をさせる」というように考えているのです。これは言うならば、人間をコンピュータのデータベースや、ロボットのように考えるとらえ方だとも言えるでしょう。

しかし、人間はロボットやコンピュータではありません。人間の知識は、コンピュータのデータと違い、行為やプロセスとの関係で始めて成立しているものです。そして、「知識を身につける」ということはそのまま「プロセスの中で成立している」ことであり、これを十分に考慮した教育法が必要なのです。これは、人間をロボットやコンピュータとしてではなく、自律的なシステムとしてとらえる、情報学的な人間観に基づくものです。

「受験の神様」が単にドラマの話なら良いのですが、放送しているテレビ局が読売系列ということもあって、どうしても安倍教育改革を思い起こさせてしまいます。この国の将来のためにも、人間をロボット化し、落ちこぼれさせていくような教育が加速することには、一層注意しないといけないのではないかと思います。

○関連サイト

http://www.j-cast.com/tv/2007/07/02008707.html

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

コメント

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき