情報学ブログに書くほどではないニュースネタのためのサブブログ

トップ
">ニュース
">パソコン・インターネット
">学問・資格
">情報学
">携帯・デジカメ
">日記・コラム・つぶやき
">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際
アーカイブ

あるある大事典の捏造報道、本当は何が問題か?―担当者の名前が表に出てこないという謎

経済・政治・国際 | 2007/01/31

今回の問題で一番不思議なのは、現場の担当者の名前が出てこないこと。局側としては「視聴率の取れる担当者」は温存しておきたいという意図が見え見えです。要するにテレビ局としては本気で捏造をやめる気などさらさらない。これでは同じ問題は絶対になくならないでしょう。

どんな新聞でも雑誌でも、
捏造が行われたら、担当したジャーナリストの名前が報道され、
少なくとも表立ってジャーナリストとして
活動できなくなるのが当たり前でしょう。
ところが、今回の問題では、
どう調べても担当者の名前が分かりません。

関西テレビのHPでも、処分について書かれていたのですが、
具体名が挙がっているのは上層幹部のみで、
現場の担当者の名前は一切公表されていませんでした。
http://www.ktv.co.jp/070120.html

これでは、現場の担当者に、「捏造をやめよう」と
圧力がかかるはずがありません。
あくまで予想ですが、おそらく、
視聴率の取れる現場の担当者は温存して起きたいため、
責任を負わせたくないのでしょう。
つまり、捏造をしてでも視聴率を取るという体質を
本気で、あらためる気はさらさらないということなのです。

たしかに、下請け、孫請けなどで、現場の担当者が、
責任を負いようがない状況があるのは知っています。
しかし、この状況そのものを変えない限り、
どんなに立派な評価委員会などを作っても、
「捏造体質」のテレビ局は、いつまでたっても変わらないでしょう。

////

ちなみに、話は変わりますが、
今、科学番組と言われているものは、
ほとんどが「事実上」の捏造です。
もしも、日本のマスコミに自浄能力というのが多少あるなら、
「あるある大事典」の次は、
NHKの「ためしてガッテン」の問題が指摘されるはずでしょう。
あれも、それなりの科学教育を受けた人間からすれば、
めちゃくちゃなものなのです。

こうした科学の方の問題については、別の記事に分けたので、
こちらをご覧ください。

重要 あるある捏造の次は、NHKのためしてガッテン―科学番組は捏造が常識
http://informatics.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/nhk_8714.html
重要 あるある大事典―捏造にかかわった大学教授の責任も問うべきでは?
http://informatics.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_70a2.html

また、こういった「マスコミの問題」と、
捏造を許す「科学の問題」の両方について、
細かい話は、すでに、別の記事で書いたので、
興味を持っていただいた方は、こちらもご覧ください
(長文なのでポイントを短くまとめたのが、この記事です。)

重要 「納豆問題の分析と提言―科学とマスコミの問題として」
http://informatics.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_325b.html

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(3件) | トラックバック(1件)

コメント

 トラックバックありがとうございました。個人名が出てこないのは、いわゆる「現場責任者」がいない体制で取材が行われていたせいなのかもしれません。そうなると、会社として責任をとるしかないでしょうね。
 「ためしてガッテン」にメスがはいるでしょうか。検証作業はたいへんですから、スポンサーがつくとかしないと、なかなかそこまでやろうという気になる人はいないような気もします。本来ならば、NHKがやるべきことなんですけどね。

投稿: 5号館のつぶやき | 2007/01/31 12:37:38

制度的には番組の責任者は、一応いるはずだと思います。テレビ局にはテレビ局のヒエラルキーがあって本来、それぞれのレベルで責任を負わないといけないのだが、それが機能していないという状況が問題ではないでしょうか。本文でも書いたように、会社だけが責任を負っているようでは、捏造はなくならないでしょう。これは変えるのは簡単ではないでしょうが、変えないことには、仕方ないのではないかと思います。

ためしてガッテンはどうなるのでしょうか。公式サイトを見ているだけでも、科学研究の手法を無視した「事実上の捏造」であることが分かります。こういうのに対しては、科学者、科学技術コミュニケーターの方たちが、しっかり発言していただけるとありがたいですよね。

投稿: 情報学ブログ | 2007/01/31 13:02:40

はじめまして。これ程までにテレビでのヤラセや捏造が問題になっているにも拘らず、テレビ朝日の「若年ホームレス」に関するキャンペーンの中には、不審な「演出」と見られる表現が登場しています。その一部についてですが、私のサイトにて、私と有志による現地取材を交えた検証を行っていますので、よろしければご覧下さい。

ただ、仮にこれが取り沙汰される様な事になっても、局側は「現場の下請けスタッフのせい」にしてしまうんでしょうね・・・
3月末からのキャンペーンを見れば、大谷昭宏氏の様な大物のジャーナリストの意向がはたらいているであろう事は明白なのですけれど…

投稿: 古鳥羽護 | 2007/06/03 15:28:17

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

この記事へのトラックバック

 あるある大事典の「捏造」問題。納豆のダイエット効果を放送した回だけではなく、レタスの催眠効果やレモンのダイエット効果を紹介した回でも「捏造」の疑いがあるようだ。この07年1月7日の放送に関しては、プロデューサーによる企画やVTRのチェックにおいて、「捏造」が見逃されていたらしい。この問題については、テレビ関係者内外から厳しい批判の声があがっており、同様の事態が繰り返されれば「放送の自由」もあやぶまれるとBPOの理事長は声...... 続きを読む

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき