情報学ブログに書くほどではないニュースネタのためのサブブログ

トップ
">ニュース
">パソコン・インターネット
">学問・資格
">情報学
">携帯・デジカメ
">日記・コラム・つぶやき
">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際 ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">情報学 ">携帯・デジカメ ">日記・コラム・つぶやき ">映画・テレビ ">経済・政治・国際
アーカイブ

女は出産する機械(続)―国家の成立と機械としての人間

経済・政治・国際 | 2007/01/29

柳沢氏に対する報道やブログを見ていると「女性は機械なんてひどい!」というものと、「たとえとして言ったのだからしょうがない」という主張がほとんどです。しかし、どちらも問題の本質をとらえていないのではないのでしょうか。こういう立場からこの問題について考えたいと思います。

「人間が機械」という考え方は、
近代国家の成立と同じくらい深いものです。
というのも、経済や人口について議論するとき、
みんな労働する機械、戦争に行く機械、
そして、出産する機械なわけです。
機械だと考えないと、経済についての議論ができない。
そういう意味で、「女性は機械で何が悪いの?」などと言う人の
意見もある意味もっともだと思います。
そういう人は経済学的視点を持っているわけです。

ところが、少子化や女性の問題に関しては、ちょっと話が複雑です。
というのも、こういう問題については、
ずっと、「女性が機械になってしまう」ということの
問題が強く指摘されてきたからです。
実際、働いたり結婚したりしている大人の女性なら、(*1)
「自分がまるで機械のように扱われている」と感じたことがある人は
少なくないでしょう。
そして、こういう現状こそが、「子供を産もうと思えない」原因であり、
少子化の原因だということがずっと言われてきました。
要するに、少子化問題について考えるとき、
「女性が機械でないようにするためにはどうすれば良いか」を
考えるのが国の役割であるということです。(*2)
これは、この問題について理解している人にとっては、
半ば常識みたいになっていました。

だから、「女性は機械」という発言を聞いて、
激しく反発した女性が多いのももっともだし、
柳沢氏の能力に問題があるというのももっともなのです。
これは、一つに、柳沢氏が、女性たちが、
日常的に「機械として扱われている」と感じているということを
理解していなかったという問題だし、
もう一つは、少子化政策の常識である、
「女性が機械として扱われないような政策をしないといけない」
という意識を持っていなかったという問題だと言えるでしょう。

要するに、「人間は機械」というのは、
少子化や雇用に考える上では、どうしてもそうなってしまう見方で、
だからこそ、厚生労働大臣のような人は、
そういうことに、一番、神経質でなければいけないのです。
ところが、柳沢氏はなんとなく、
「女性を機械とすると…」みたいなことを言ってしまったわけで、
これでは、批判されるのも当然でしょう。

ついでに言っておくと、
安倍政権の政策の全体を考えると、
あの発言が本当に「何となく」言われた「失言」だったかも疑問でしょう。
というのも、安倍首相は、
従来、現在、日本では国民の権利が尊重されすぎていて、
愛国心がおろそかにされているということを問題にしている人です。
極端に言えば、「人間は機械のように国に尽くせ」と言っているわけです。
そういう政治の流れからすると、柳沢氏があのような発言をしたのも、
安倍首相が当初、それを擁護したのも、当然のことと言えるかもしれません。
「女性は機械」発言は、こういう問題のごく一部に過ぎないわけです。

マスコミの報道やネットの発言などを見ていると、
ほとんどは、「女性は機械なんてひどい!」という発言と、
「たとえとして言ったのだから気にすることではない」という発言の
どちらかだと思います。
これはある意味どちらも正しいわけですが、
こういう表面的な議論をしていては、
話は平行線になるだけでしょう。

マスコミや野党が一番問題にするべきなのは、
こうして
「機械に、人間が機械のようになってしまう」という現実であるのに、
そのことが全く指摘されておらず、
ただ、表面的な議論だけが繰り返されているのです。
実は、一番の問題は柳沢氏の発言ではなく、
こうした政治の状況の全体なのかもしれません。

 

*1
そういう意味で、タレントの西川史子氏や眞鍋かをり氏が、「女性は機械」発言の問題を理解できないのもうなずけます。
http://www.j-cast.com/2007/02/05005333.html
(橋下徹弁護士 「柳沢擁護」に熱弁)

以下、無駄にリンク^^;
http://manabekawori.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_21d4.html
(言いまつがい/眞鍋かをりのここだけの話)

*2
本文では、「女性が機械として扱われないような政策」が具体的にどのようなものかについて触れませんでしたが、要するに、「頑張ってもらうしかない」ではなく、「頑張らなくても良い社会を作る」ことが大切だということです。詳しくは、以下のブログに譲ります。
http://punigo.jugem.jp/?eid=279
(「産む機械発言」だけが問題じゃないんだよ、柳沢さん…。)

○関連記事

この記事と近い内容を、「柳沢氏への質問」としてまとめたものです。

女は機械、問題の本質は何か―柳沢氏への質問マニュアルを特別掲載!!
http://informatics.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_ebfd.html

○追記

この記事は、2/14に全面的に書き換えました。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(1件) | トラックバック(3件)

コメント

どうもこんばんは。都筑てんがと申します。

ブログエントリを取り上げて頂き、真にありがとうございます。

けっこう同じ内容の文章を繰り返しちゃったりして、気が付いたらものすげぇ長い文章になっちゃいました…。

自分も彼女がいるのですが、モロに「育てられない→産めない(結婚すらできない)」パターンのカップルなんですよね…。

自分に職があったら…。
運転免許と車があったら…。
バリアフリーの環境があったら…。

…。
……。
………。

…バリアフリーを充実させるだけでも、少子化対策としての効果は高いんじゃないか…と思う自分がいます…。

保険会社のCMみたいですが、ある意味で「安心して病気になれる環境」「安心して怪我が出来る環境」「安心して死ねる環境」にならないと、「安心して産める環境」にはならないのではないか…と思う自分がいます。

投稿: 都筑てんが | 2007/02/03 19:00:46

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

この記事へのトラックバック

民主党の鳩山由紀夫幹事長は28日、柳沢伯夫厚生労働相が「(女... 続きを読む

■なんか、この言葉ばかりが先行してますが  柳沢厚生労働大臣の問題ですが、今は「女性=産む機械・装置」という言葉ばかりが先行してるように見えますが、この発言の問題はそれだけで済む事じゃないんですよね…。 ...... 続きを読む

「女性は産む機械、装置」柳沢厚労相が大失言  柳沢伯夫厚生労働相(71)は27日、松江市で開かれた自民県議の決起集会で、少子化問題について「産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張っ......... 続きを読む

ニュースな待合室をRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき