C言語が意志もちストライキ?

パソコン・インターネット | 2009/03/11

ちょっとマニアックな記事なので、UNIX Like OSのコマンドを良く分からない人は読み飛ばしてください。

自分が必ずチェックしているbogusnewsというネタサイトがあるのですが、そこで以下のようなネタが紹介されていました。

都内のブラックIT企業に勤めるプログラマのAさん(23)も、異常事態に遭遇したひとり。10日朝、開発用のUNIXマシンにログインし、いつもどおりtest.cとして

#include <stdio.h>
int main(void){
    printf("Hello,&nbsp;world!\n");
    return;
}

とCのプログラムを作成。コンパイルで生成されたファイルtestを実行したところ、

% gcc -o test test.c
% ls
test*  test.c
% test
%

となり、まったく動かなかった。同様の現象は日本各地で報告されており、いずれもプログラムにバグがない点が共通している。

C言語が意志もちストライキ─石田晴久氏急逝を悼む?

Windows系しか知らない人は何のことだか分からないと思うのですが、Unix Like OSでファイルを実行するときはカレントディレクトリでもディレクトリ名を付けて"./test"としないといけないこと、testという組み込みコマンドがあることが背景になっています。

ちょっといまいちだなぁ…と思って見ていたら、コメントにある次の書き込みがすごい冴えています(笑)。

$ cat love.c
main() { puts("おにいちゃん、だいすき!"); }
$ make love
cc love.c -o love
$ ./love
世間: ./love: 許可がありません

これはレベル高いです。chmod a+x love のし忘れはすごくリアルで、個人的にも良くあること。別に「おにいちゃん」ネタじゃなくても良かったんじゃないと思うのですが、まぁ、それはご愛敬というところでしょう。

ちなみに自分が一番突っ込みたいのは、もともとの記事の「いつもどおり test.c として(中略)とCのプログラムを作成」の部分。「いったい、どういう仕事してんだよ」と思ったのは自分だけでしょうか。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

コメント

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

のりねこのラプソディをRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき