情報学ブログに書くほどではない日常ネタのためのサブブログ

トップ
">グルメ・クッキング
">ニュース
">パソコン・インターネット
">学問・資格
">恋愛
">日記・コラム・つぶやき
">芸能・アイドル ">音楽 ">グルメ・クッキング ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">恋愛 ">日記・コラム・つぶやき ">芸能・アイドル ">音楽 ">グルメ・クッキング ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">恋愛 ">日記・コラム・つぶやき ">芸能・アイドル ">音楽 ">グルメ・クッキング ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">恋愛 ">日記・コラム・つぶやき ">芸能・アイドル ">音楽
アーカイブ

夜型人間のイタリア移住計画

日記・コラム・つぶやき | 2008/08/23

自分いわゆる「夜型人間」で、仕事がある時は無理矢理、普通に起きているものの、長期の休暇だと、すぐに朝寝て昼起きるという生活に戻ってしまいます。この方が、いろいろなことに集中できて、ずっと快適な毎日を送れるのです。

これは専門的に言えば、自分の日周リズムと環境の日周リズムが合っていないということになります。

普通に考えると、自分の日周リズムを環境の日周リズムに合わせれば「夜型」は解消できるはずです。

しかし、これは今日や昨日に始まったことではありません。無理矢理、合わせたように思っても、自分自身のパフォーマンスを最大限に発揮できないということが分かっている以上、別の方法を考える必要があります。

そこで、全く逆の発想で考えてみることにしました。

よく知られているように、地球上には「時差」というものがあります。自分の日周リズムと環境の日周リズムが合ってないのなら、自分が移動して、環境の日周リズムを自分の日周リズムに合わせてしまえば良いのです。

それで、日本時間で「朝寝て昼起きる」という睡眠周期で、普通に「夜寝て朝起きる」生活をできる国を探したら、ありました!!

日本との住環境の近さも考慮すると、それは西ヨーロッパの諸国です。イタリア、フランス、ドイツ、スペインあたりに行けば、見事、快適な時間で過ごすことができるようなのです。

ちなみに、ヨーロッパに行ったら行ったで、現地時間で夜型になりそうなので、抜本的な解決策になるかどうかは微妙です。

でも考えてみたら、ヨーロッパで夜型になったら今度はアメリカに移住、アメリカで夜型になったら日本に帰ってくるというように、世界をぐるぐる回っていれば良いということになるでしょう。

なんか考えただけで素敵ですね。

これが少しでも空想の域を出るようになることが、一生のうちに起きるかどうか、それは自分にも分かりませんけど。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

コメント

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

のりねこのラプソディをRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき