お好み焼き風焼きうどん

グルメ・クッキング | 2008/04/09

最近、焼きうどんにはまっているのですが、レパートリーとして、お好み焼き風の焼きうどんを作ってみました。といっても、焼きうどんでお好み焼きを作るわけではありません。それだとお好み焼き風焼きうどんではなく、うどん入りお好み焼きになってしまいますから…。

単純に言えば、あっさりした味付けで焼きうどんを作ってから、最後に卵で全体をまとめ、マヨネーズとソースをかけるだけです。お好み焼きやうどんに愛情を持っている関西の人に怒られそうなメニューかもしれません。材料費が1食あたり100円程度なのも魅力です。

材料

ゆでうどん 1玉
野菜ミックス(もやし、きゃべつ、にんじん、玉ねぎ、小松菜) 適量
白だしorガラスープor粉末昆布だし 適量
醤油 適量
かつおぶし 3g
卵 1個
おたふくソース 適量
マヨネーズ 適量

作り方

1. フライパンを強火にして油を加え、市販のゆでうどんの両面が軽く焦げ目が付くまで焼く。ほぐしながらさらに強火で焼き、皿に移す。
2. 熱でフライパンから煙が出ていると思いますが、強火のままのフライパンに野菜を加える。水気が飛んである程度火が通ったら油を加え、全体を返すようにして炒める。(この方法だと、火力の弱い家庭用のコンロでもうまく炒められます。水気が多い状態で油を加えると危険なので注意)
3. うどんを戻してフライパンの温度を下げる。さらに水を少し加えて温度を下げます。白だしを使う場合、水の量はジュワっと蒸発する程度。入れすぎると水っぽくなるので注意。粉末ガラスープや粉末昆布だしの場合は、若干水を残しておく。
4. 醤油、白だしor粉末ガラスープor粉末昆布だしを加え強火で余分な水分を飛ばします。
5. かつおぶしを加えてまぜます。
6. フライパンの真ん中にすき間を作り、卵を加えます。卵に焼きうどんをかぶせるようにして固めます。フライパン全体を揺するようにし、卵が半熟になったら皿に移します。
7. この段階で卵入り焼きうどんとして食べてもおいしいと思います。お好み焼き風にするには、ソースとマヨネーズをかけ、好みで、削り節粉、青のり、紅ショウガを添えていただきます。
8. 卵を上にして盛りつけた方が「お好み焼き風」という感じがすると思いますが、崩さないで裏返すのは至難の業なので、自分は卵を下に盛りつけています。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

コメント

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

のりねこのラプソディをRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき