神谷えり in Blue-T

音楽 | 2007/09/01

今日は久しぶり―と言っても一ヶ月ぶりくらいに、天才ジャズシンガー神谷えりさんのライブに行ってきました。下高井戸のBlue-Tで種浦まさおさんとのデュオ。種浦さんを初めて知ったのはDuosというアルバムのTick Tockという曲だったのですが、素敵な声に一目惚れしまし、それ以来ずっと気になっていたのです。

一部の曲では、息が合ってないところもあったように思ったのですが、トークも含めて素晴らしいライブでした。「蛙の歌(仮)??」と名付けられた曲はハモりとコードが、まるっきり合ってなくて、ギターは別の人に頼んだら、もっといい曲になったのにとまで思ったほど(笑)。でも、そういうのが許されてしまうような、とにかくとても楽しいライブなのです。正直、また来月行ってみようかと思いました。

でも、やはり一番良かったのは、最後のTick Tockかな 。あの曲の良さは半端じゃありません。もし最後までTick Tock がなかったら、どうやってアンコールをしようか考えていたのですが、その必要はありませんでした(笑)。

さて、今日のライブで神谷えりさん作詞の「れんげ」という歌があり、それとの関係で種浦さんが、「ちりれんげ」について話題にしていました。「適当なことを教えないで」と神谷さんが言っていたのですが、レンゲとちりれんげはまるっきり関係ないわけではないのです。レンゲは別名をレンゲソウとも言って、蓮華(蓮の花)に似ているから付けられたものです。一方、散り蓮華も蓮華(蓮の花)に似ていることから付けられたものです。蓮華つながりで、姉妹同士といったところ。

ちなみに、今日は、ずっと欲しかった神谷えりさんのオリジナルストラップを、ついに買ってしまいました。実は自分、今まで一度も携帯にストラップを使ったことがなく、初体験がこのストラップです。ストラップが好きな人も、ストラップなど邪魔だからありえないという人も、絶対に買いです。見てください、この超かっこいいデザイン。

じゃーん。

Imgp1194640

ライブ限定発売ということなので、興味を持った方はぜひ、神谷さんのライブにどうぞ^^。

…と、ちょっと宣伝じみた今日の記事でした。

○参考

神谷えり公式ブログ
http://blog.erikamiya.com/

神谷えり "Duos"
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000V5J1VS/informaticsco-22

種浦まさお "関西人 in Tokyo"
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000PMGU52/informaticsco-22

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

コメント

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

のりねこのラプソディをRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき