情報学ブログに書くほどではない日常ネタのためのサブブログ

トップ
">グルメ・クッキング
">ニュース
">パソコン・インターネット
">学問・資格
">恋愛
">日記・コラム・つぶやき
">芸能・アイドル ">音楽 ">グルメ・クッキング ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">恋愛 ">日記・コラム・つぶやき ">芸能・アイドル ">音楽 ">グルメ・クッキング ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">恋愛 ">日記・コラム・つぶやき ">芸能・アイドル ">音楽 ">グルメ・クッキング ">ニュース ">パソコン・インターネット ">学問・資格 ">恋愛 ">日記・コラム・つぶやき ">芸能・アイドル ">音楽
アーカイブ

talkコマンドの甘い甘い思い出

日記・コラム・つぶやき | 2007/05/12

UNIXコマンドのtalkというのをご存じの方がいるでしょうか?UNIXのネットワーク上でチャットのようなことを行うコマンドです。ちょっと用があって、久しぶりにUNIXのコマンドを調べていたら、たまたまこれらのコマンドを発見し、いろいろな思い出がよみがえってきました。

大学に入ってすぐ、生まれて初めて付き合った彼女と付き合う前のことです。そのときの大学はメインのシステムがUNIX(しかも、solaris)で、大学の中には数カ所にUNIXの端末が配置され、イントラネットで接続されていました。

そのころは携帯が普及し始めたばかりで、クラスのうちPHSを持っているのが半分、通常の携帯を持っているのは完全にゼロという状況。携帯メールなど存在すらしなかったのです。

PHSを持っていなかった彼女と自分は、授業が終わった後、それぞれUNIXの端末にログインするのが習慣でした。そしてそれが、二人が会うための唯一の方法だったのです。talkコマンドでチャットし、お互いの場所を確認する。そして、二人で会ったりする。

「何してるの?」

それとなく声をかけて、ひまそうだったら会おうと誘ってみるのは、今の携帯メールの感覚かもしれません。

talkコマンドは、自分にとっての
ときめきの場であり、
駆け引きの場であったわけなのです。

2年生の後半になって、生活パターンのズレからお互いに疎遠になっていったとき、そこにtalkコマンドはもうありませんでした。待ちあわせをして久しぶりに会うのにtalkコマンドは必要ありません。時間がある二人だけに許されるコミュニケーション手段が、talkコマンドだったわけです。

考えてみると、恋愛についても、将来についても、一番、自信に満ちていて、そして一番、不安で一杯だったのが、あのころの自分だったかもしれません。社会からはそれなりに評価されるような大学に入ってみたものの、周りは死んだように無気力な人間ばかり。理系なのに数学もできなければ、将来に対するビジョンも持っていない。こんなところにいったい何しに来たんだろうという悲しさと、自尊心、劣等感、不安との間で、いろいろなことを学び、いろいろなことを考えていたような気がします。

ただ、不思議なことに、そのころの自分が考えていたことは、自分にとってどこまでも「謎」なのです。それはおそらく、あの時代の混沌とした自分が、いろいろな意味で今の自分の原点だからなのでしょう。そしてだからこそ、その「謎」を解き明かすことが、今、自分が「生きる」ことと密接に関係しているように思えるのです。

そういう意味で、今回のことも、そういう「謎」を解き明かす試みの一つだと言えるかもしれません。自分にとって、talkコマンドは、単に別れた女の思い出なのではなく、自分自身の過去についての淡く、悲しい思い出でもあるのです。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

コメント

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

のりねこのラプソディをRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき