運営方針

おことわり

個人的には、情報学がどのように社会の問題とかかわっていけるかをブログを通して模索していこうと思い記事を書いています。したがって、議論は基本的に「試論」としての性格のもので、学術論文のような手続きを踏んでいるものではありません。特に「情報学」は学問そのものが発展途上であり、その解釈もさまざまであることをご了解いただければと思います。

また、専門外の内容については適当なものもあるので悪しからず。 誤解されやすいのですが、 著作権・情報法、情報通信は関連分野であり、自分の専門というわけではありません。社会制度の分析の一例として取り上げています。

コメント

コメントに関しては批判的なコメント、質問としてのコメントを特に歓迎します。自分との意見の一致、不一致、内容の真偽にかかわらず掲載していますが、内容によっては、自分の方で反論が準備できるまで掲載を延期することがあります。また、無関係の内容や中傷等、議論に有意義ではないものは不掲載としています。逆に、好意的なコメントは掲載しても返答しない場合が多いと思いますが、ご容赦ください。

不適切な中傷表現・個人情報を含むコメントの場合、その部分を削除して掲載する場合があります。また、管理人の都合でメールアドレス・ハイパーリンクを削除する場合があります。

トラックバック

トラックバックは、該当記事が引用され、有意義な形で紹介されているものを掲載しています。内容によって不掲載にすることもありますが、必ずしもトラックバック先の内容を保証することを意味するわけではありません。