クリスマスという記号

日記・コラム・つぶやき | 2010/12/24

クリスマスソングが聞こえてくると、不思議な気持ちになります。世界中の人が、《クリスマス》という記号を介して、素敵な音楽を作ったり、絵を描いたり、おいしいものを作ったりしていると思うから。そのことで、この素晴らしい音楽やイルミネーションや食べ物があるのだと思うから。

それらは全て、人の営み。人が泣いたり笑ったり、愛情を表現したり、そういったものを、《クリスマス》という記号が結びつけ、私たちの目の前の《クリスマス》を作っているのです。もちろん、《クリスマス》という記号は、格差社会とか商業主義とか、マニュアル化された恋愛とか、一神教とか、いろんなものとも関係しているし、そこで静かに泣いている人がいることも忘れてはいけません。でも、そういうことも含みこむような懐の広さが、人間にはあるような気がします。

そのことに思いを馳せる度、あぁ、人っていいな。人って素晴らしいなって思います。そして、そうやって思えることに、幸せを感じます。

今年も、《クリスマス》に乾杯。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

コメント

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

情報学ブログをRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき