科学とニセ科学の関係

情報学 | 2009/03/17

ニセ科学批判は、科学と同様にそれ自体が目的ではなく、道具にしかすぎない。科学が悪用されると、甚大な被害が人々にもたらされるのと同様に、ニセ科学批判も悪用されると、ニセ科学よりも大きな被害をもたらすおそれがある。もちろん、ニセ科学批判の善用もありうるので、善用は肯定するとして、悪用については批判するということになる。

ニセ科学批判の善用・悪用/社会学玄論

自分は「科学」を客観的・絶対的に肯定するつもりはありませんが、それでも「ニセ科学」には批判的です。

たしかに、引用した「社会学玄論」の記事にあるように、科学というのは、普遍的・絶対性な正しさを持つものではありません。しかし、それは現代社会に生きる私たちにとっての「言葉」であり、現代社会が共有する「認知世界」でもあります。一般に、ある事実や説明が「科学的であるかどうか」は時代とともに変わるものであり、普遍的な「科学的事実」などないわけですが、それぞれの時代の研究の動向に即して、それぞれの時代における「科学的事実」があると考えることができます。

こうした「科学」と反するものに対して、科学の側から「それは科学ではない」するのは至極当然のことでしょう。ただし、科学というのは、「それは科学で説明できない」ということを主張することができても、「科学的にありえない」ということはできません。「科学的にありえない」と言えたとしたら、それはせいぜい「今の科学では経験的にそう考えた方が良いとされている」という意味であり、論理的な意味で「科学的にありえない」と言うことはできないのです。

さて、「ニセ科学」というのは、字義通りに言えば、科学ではないにもかかわらず科学であると主張するような理論のことです。これは科学的に間違いであることが示すことができます。ただし、そこで示されるのは、ニセ科学が「科学的にありえない」ということではありえません。すでに述べたように、「科学的にありえない」という主張は科学的な主張ではないからです。しかし、ニセ科学批判は、その時代の科学に基づき、ニセ科学が「科学的な主張ではない」と主張することはできます。「ニセ科学批判」がこうした自身の限界について理解しているとき、それは「科学的」に(=科学という視点に立てば)正しいものだし、人間にとって有効なものではないかと思います。

たしかに、一部の「ニセ科学批判」が「科学的にありえない」という主張と、「科学的な主張ではない」という主張を混同しているのは事実だと思いますが、「社会学玄論」の記事のように、ひたすら相対主義的な立場を取ることは(理論的には可能でも)、あまり有用な考え方とは思えません。

むしろ、この手の、通俗的な相対主義の見方は、実は「普遍的な真理」の存在を無意識のうちに前提にしていると思います。たしかに「普遍的真理」を仮定するのなら、その立場から見て、科学とニセ科学はどちらが正しいというものではないということになるでしょう。しかし、私はそうは考えません。「真理」そのものが、何らかのコミュニケーションの単位の認知世界(たとえば、科学コミュニケーションシステムの認知世界)においてしか成立しない以上、「普遍的な真理から見たら、どちらも相対的」という通俗的な相対主義の言説自体が意味のないものだと思うからです。「科学」は論理的には一つに視点に過ぎないが、現代社会では有用なものとしてたしかに成立しているもの。そのことを認めた上で、その立場から何が議論できるかということを考えた方が有意義な議論が可能になるのです。

自分が「情報学」として構築しようとしているのは、こうして「問題によって自在に準拠軸を設定しつつ、適切な議論を行っていく」ことを可能にする思考のフレームワークです。ニセ科学の問題は、こうした自分の立場を端的に表していると思い、取り上げさせていただいたものです。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(3件) | トラックバック(0件)

コメント

ニセ科学反対。
大変勉強になりました。
ありがとうございました。

投稿: haruzuki | 2009/03/18 14:21:11

サイエンスとは、実験によって、真偽が検証できるものを対象としています。それ以上でも、それ以下でもないんでしょう。普遍的な真理とか言い出す人は古臭い科学のイメージしか持たない人です。
哲学とか倫理学とかそういったものは、科学では扱えない領域です。

投稿: ツーラ | 2009/03/20 5:25:46

ニセ科学を、科学的論証でしらみつぶしに批判しても、巷の問題にはあまり効果はないと思う。ガリレオガリレイもコペルニクスも一般認識されるまでは論争から出発したのだから。しかし、論争は論争でしかない。我々は、歴史としてその天文学の結果を知っているのであり、今現在語られていることの未来がどうなるかは分からない。論争でご飯を食べる商売の人がいる。論争は、論争であり、彼らにとって、巷の問題の解決が目的ではないと考える。その人たちの目的は「論争なのだから」。
 ニセ科学問題は、その根源にある「ニセ科学に縋りつく人間の心理」なのだと考える。なぜ人はニセ科学に頼るのか・・・。そして、その心理が、需要になり、それを巧に喚起させる「楽して物品を売りたい者たち」=詐欺師の存在。水伝なら「波導水」ビジネス。酵素米なら「圧力鍋」、ゲルマニウム商法。自治体の環境行政に食い込むEM菌の業者。そこには、金銭・財産の授受という具体的な「問題」が引き起こされる。これらを介して、現実の問題に則したニセ科学というものを語らなければと考える。

投稿: HG-CAPTAIN | 2010/09/16 10:47:38

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

情報学ブログをRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき