情報学ブログアーカイブ→2009年2月の記事をまとめて読む

[映画]存在の耐えられない軽さ

映画・テレビ | 2009/02/27

「存在の耐えられない軽さ」は、あまりにも有名な作品ですが、恥ずかしながら、最近やっと映画を見ることができました。3時間近い映画であるにもかかわらず、一瞬も無駄がなく、見ていて飽きることがありません。

さて、この物語は大きく分けて3つのストーリーの核があるのではないかと思います。それは、「恋愛」「政治」「自由」の3つです。「恋愛」と「政治」ということに関して言えば、この物語は、似たような多くの物語の一つと言えるかもしれません。しかし、それを「自由」というキーワードで結びつけたところに、この物語のおもしろさがあるのです。そして、最後の「自由」の問題が、哲学的な「自由意志の問題」、さらには「存在の耐えられない軽さ」というタイトルと結びついていることが、この作品が「名作」と言われるゆえんではないかと思います。


===ネタバレ注意!!物語の結末や核心に触れることが書かれています===


・恋愛と政治

まず、「恋愛」に関して言うと、この物語は男女の三角関係を描いたオーソドックスなストーリーと言えます。舞台はチェコスロバキアの首都、プラハ。優秀だがプレイボーイの脳外科医トマシュは、テレーザと結婚しても、芸術家のサビーナとの関係を切ることができません。これは、チェコ事件によってチェコスロバキアがソ連の支配下に置かれ、トマシュがサビーナを追ってスイスに亡命した後も変わらないのです。トマシュはスイスでもサビーナとの関係を続けるだけでなく、新しい女を町で引っかける毎日。テレーザはそんなトマシュに愛想を尽かし、プラハに帰ってきてしまいます。サビーナもアメリカに渡り、全てを失ったトマシュはテレーザを追ってプラハに帰ります。しかし、トマシュは命の危険を冒してまでプラハに帰ったにもかかわらず、相変わらずの浮気をする毎日。そこで、テレーザは一度だけ不倫をしてしまいます。しかし、良心の呵責に耐えられず、「プラハを去ろう」と言うテレーザ。そこから二人の農夫としての幸せな生活が始まるのです。こうしてトマシュに嫉妬をするテレーザの心情描写と、「自由」で「軽い」トマシュとの対比がストーリーの核の一つになっています。

しかし、この物語には「政治」というもう一つのストーリーの核があります。そこで描かれるのは、「プラハの春」「チェコ事件」をめぐる言論弾圧とそれに抵抗する人々の姿です。トマシュは、チェコスロバキアの民主化運動「プラハの春」以降、急速に認められつつあった言論の自由を背景に、共産党幹部を風刺した小説「オイディプス」を刊行します。ところが、その直後に、ソ連が「プラハの春」を阻止するためにチェコスロバキアの全土に制圧するチェコ事件が起きてしまうのです。写真家として活動をしていたテレーザは、ソ連軍とそれに抵抗する民衆の様子を次々に写真に収めていきます。その後、トマシュとテレーザは「オイディプス」の件もあって、スイスに亡命することになるわけですが、問題はトマシュの浮気が原因でテレーザがプラハに戻ってから。トマシュとテレーザはチェコスロバキアに入国するときにパスポートを取り上げられてしまいます。さらに、トマシュは「オイディプス」の撤回声明を拒絶したことで医師免許も取り上げられ、窓ふきの仕事をすることになります。ここでは、命の危険すら顧みず撤回声明を拒絶するトマシュの「軽さ」と「自由」へのこだわりが描かれていると言えるでしょう。

・自由

さて、こうした「恋愛」と「政治」という、ある意味ありふれたテーマの上に描かれるのが「自由」というテーマでしす。テレーザとトマシュがソ連軍占領下のプラハに戻るのも、医師の仕事を追われるのも、農夫としての人生を歩み出すのも、全てトマシュの「軽さ」が原因ですが、このことは物語の鍵となっているのです。

テレーザがトマシュの浮気に愛想を尽かしてプラハに戻るとき、以下のような手紙を残していきます。

トマシュ。私はあなたを助けなければいけないとは分かっているけれど、私にはそれができません。今の私はあなたの助けになるのではなく、あなたの重荷になっているもの。人生は私にとっては重いものだけど、あなたにとってあまりにも軽すぎる。私はこの軽さ―この自由に―耐えられない。私はそんなに強くないの。プラハでは、私はあなたの愛だけが必要だった。でも、スイスに来てから、私は全てのものをあなたに頼っている。もし、あなたが私を捨てるようなことがあったら、私はどうすれば良いの?私は弱い人間なの。だから、私は弱いものの国に帰ります。
Tomas, I know I'm supposed to help you. But I can't. Instead of being your support, I'm your weight. Life is very heavy to me and it is so light to you. I can't bear this lightness, this freedom. I'm not strong enough. In Prague, I only needed you for love. In Switzerland I was dependent on you for everything. What would happen if you abandoned me? I'm weak. I'm going back to the country of the weak. Goodbye.
I'm sorry, but I've taken Karenin.

日本語では「重い女」なんて言う表現が日常的に使われますが、テレーザは要するに「重い女」なのです。それに対して、トマシュは「軽い男」。この軽さに「耐えられない」というのが、とりあえずの手紙の意味です。ただ、この手紙の中で、軽さ=自由という関係が示されていることは、物語全体を理解する上で非常に重要な意味を持っていると思います。トマシュは、政治についても、恋愛についても「軽さ」のために、パスポートを失い、医師免許を失い、農夫としての人生を歩むことになるわけですが、そこに全く悲壮感はない。それは最後に衝撃のハッピーエンドの結末となることからも分かるでしょう。要するに「軽さ」が「自由」として称えられている。そのことこそが、この物語の特徴と言えるかもしれません。

私たちには、ともすると人生を「重く真剣に考える」べきものであり、そのことでより良い人生が送れると考えている節はないでしょうか。実際には「重く真剣に考えた」ことがないという人も、そういう自分に引け目を感じていたり「重く真剣に考える」ことそのものは素晴らしいと思っているということは多いのではないかと思います。しかし、「本当にそうですか?」と問いかけるのが、この物語なのです。

ただ、単に、テレーザ=重い(社会に束縛されている)、トマシュ=軽い(自由)と考えるとしたら単純化のし過ぎであり、この物語を表面的にしか理解していないことになると思います。これについてはすぐ後で考えていくことにしましょう。

・自律的に変化する<私>

さて、この作品のタイトルに、「存在」という言葉が入っているのはどうしてなのでしょうか。「存在」というと、論理的に示されるような客観的、普遍的な存在というイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし、この物語が言う「存在」はそういうものではなく、常に変化する<私>の存在と切り離せないものなのです。常に変化する<私>にとっての存在は、また常に変化するものでしかありません。これは「情報解釈は自律的に変化する主体によってなされる」という情報学の基本的な考え方とも一致します。

こうして常に変化する<私>という存在が、常に自らの選択を力強く肯定していくことは、決して簡単なことではありません。時には「耐えられない」と思うこともあります(詳しくは以前書いた記事を参照)。そういうとき、ソ連の支配下のチェコスロバキアに帰ったテレーザのように自分の外側に救済を求め、「ある価値観にしたがっていく」ことを選べば楽です。しかし、テレーザ自身も認めているように、それは「弱い人間」のやることなのです。

それに対し、トマシュは政治に関しても、恋愛に関しても、決して周囲の価値観に流されることはなく、自分の選択に責任を持っていた。一見して軽いように見えるトマシュですが、実はさまざまな葛藤があり、そうした中で彼なりの選択をしていたはずなのです。普通のラブストーリーなら、トマシュは「欲望に負ける弱い人間」ということかもしれませんが、この作品では全くそういう描かれ方がなされていないことも注目に値するでしょう。トマシュこそ本当の「強さ」を体現する人間なのです。

この立場から見ると、プラハに帰ることを決めてからのテレーザの行動は少し違った目で見ることができるかもしれません。それまで、トマシュの浮気を悲しむしかなかったテレーザは、「ソ連支配化のプラハに帰る」というとんでもない行動を取ることでトマシュに強い意思表示をします。また、トマシュがプラハに来てからも、テレーザはオイディプスの撤回声明を書かないというトマシュの選択を一人支持することを伝えます。そして、いつまで経っても止むことのないトマシュの浮気に対抗するために、自らも浮気をする。テレーザは「弱い人間」と言いつつ、実は「強さ」も持っているのです。そして、そのことは結果として、二人の農村での幸せな暮らしに結びついていきます。

このように考えると、「存在の耐えられない軽さ」の「軽さ」とは言い換えれば「常に変化する(<私>の存在という)現実」ということになるでしょう。こうして「常に変化する現実」は簡単には「耐えられない」。しかし、トマシュとテレーザは「強さ」によってそれを乗り越えていくのです。

この作品が素晴らしいのは、こういう本質的な問題を、「恋愛」「圧制下の政治的自由」という二つのテーマをコラージュのように組み合わせながら、美しく描き出しているということでしょう。長い映画ではありますが、こういう問題に少しでも興味を持っている人なら、少なくとも見て損をしたと思うことはないのではないと思います。

○追記

一応言っておかないといけないと思うのは、この映画の原作となった同題の小説には、冒頭部分に「ニーチェの永劫回帰という考え方はニーチェ以外の哲学者を困惑させた」という言葉が入っているということです。要するに、トマシュが表現しているのは「超人」であり、「自由」や「意志」に関してもこの立場から見るべきだというのが通常の理解でしょう。本文で書いたことも、基本的にはこうした理解に沿ったものです。この記事はあえてそれを、ちょっぴり情報学的な言葉で説明したものと言えます。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(4件) | トラックバック(0件)

情報伝達と「心」―動物に心はあるのか?

情報学 | 2009/02/18

チリの高速道路で轢かれた犬を、別の犬が路肩まで引きずっていくというYoutubeの映像が話題になっています。この映像に関して書かれたブログの中に、以下のようなものがありました。

助けに行ったって事は、事故にあって傷ついているとか
そこに居たら危険だって理解してるって事でしょ?
大変だ!助けなきゃ!って気持ちがあるんだね
レスキュー犬★/ミカンのohana

心というものは、人間だけしかないと考えられているが、仲間を助けるという行動は心などというよりも、本能なのかもしれない。
Instinct/shine

こういった日記に学問的にコメントをするのは、申し訳なくもあるのですが、これを読んで、ふと、「犬に心はあるのか」という問題について書こうと思ったのです。

いったい、犬に「心」はあるのでしょうか?結論から言えば、「とらえ方によって違う」ということになるのではないかと思います。これは当たり前のように思うかもしれませんが、情報学的には非常に重要なことです。

○心の定義の限界

現代の科学者は、「心」というものを科学的な研究対象とし、「心があるかないか」を客観的な基準によって決めようとしました。たとえば、「心があるのは人間だけだ」、「いや、霊長類にも心がある」といったようなものです。しかし、デイヴィッド・チャーマーズが「意識のハードプロブレム」という言葉で批判したように、こうした研究は決して実証的な研究にはなりえなかったのです。たとえば、「犬に心がある」という研究は、「犬を感情移入しているのに過ぎない」という理由で批判されていたわけですが、では人間に感情移入をしないで、「人間に心がある」ということを言えるのかというと、それも微妙なのです。

このことは「哲学的ゾンビ」という言葉によって端的に示されます。哲学的ゾンビとは、「他の人から見ると普通の人間と同じように振る舞うが、他の人と同じような経験を持たない。したがって心を持たない」という存在です。チャーマーズが主張したのは、実証的な研究から、人間は「哲学的ゾンビではない」という証明をすることができないということでした。つまり、犬も人間も哲学的ゾンビに過ぎないかもしれず、いわば、感情移入をすることによって初めて「心がある」と見なされているのに過ぎないのです。

○情報解釈と心

さて、情報解釈という点について、人間と動物は多くの共通点を持っています。人間も動物も、「生きる」ということによって、自律的に情報解釈をしているからです。このことを生物学的な表現で言えば、さまざまな情報は、「その情報を解釈することで、自分の生存にプラスになる」という「生きるための情報」だと言うことになるでしょう。この意味から言えば、情報とは全て「生物にとっての情報」「私にとっての情報」であるとまとめることができるのです。

ただ、この意味での情報は、「それぞれの個体に固有の情報」であって、人に伝えたり、書き留めたりすることのできない情報です。これに対し、人間のような生き物では、情報伝達を行います。情報伝達を行う人間の場合、「自分と同じように情報解釈する存在」を、他の存在と違う性質があるものと考え、コミュニケーションを行うことになるでしょう。ここで「自分と同じように情報解釈する」とは言い換えれば「心がある」ということにほかなりません。こうしてコミュニケーションを通して、「自分と同じようい情報解釈をする」という理解が生まれてくるとき、初めて「心」の存在が立ち現れてくるというのが、情報学の立場からの「心」の理解ということになるのではないかと思います。

○犬に心はあるのか?

こうした立場から、冒頭の映像の犬に心があると言えるのか考えてみたいと思います。一般的な理解にしたがえば、「shine」のブロガー氏が言っているように、「心というものは、人間だけしかないと考えられている」ということになるでしょう。生物学的に、本能と心は対立する概念ではないので、「本能」というのは言い過ぎですが、心を想定しなくても説明できる学習行動として犬の行動を説明することはできると思います。

ただ、仲間の犬を助けるという犬の行動が、「人間と何か共通するものがある」として犬に対する共感を持ちながら映像を見ることもできます。これには、「ミカン の ohana」のブロガー氏の「大変だ!助けなきゃ!って気持ちがあるんだね」というコメントが端的に表しているでしょう。このように犬を見るとき、その人は犬に心を見いだしているということになると思います。

要するに、冒頭で引用した二つのブログの記事はどちらも間違っているわけではないのです。

○「心とは何か」にまつわる問題

こうした「心があるかどうかはとらえ方次第」という見方に対しては、「それじゃ議論する意味がないじゃないか」という人がいるかもしれません。しかし、そうではないのです。

「心があるかどうかは科学的に決められる」という見方によれば、「脳死の人に心があるか?」という問題、「重度の痴呆の人に心があるか?」という問題も、「科学的」に決められることになるでしょう。「科学的な結論」では、基本的にその人の「能力」や「機能」に焦点が当てられます。たとえば、「他の人とコミュニケーションする能力がないのなら、心などあるとは言えない」というような「科学的な結論」が導かれるのです。こうした「科学的な結論」は、脳死の人はもちろん、植物状態の患者、痴呆の患者、精神障害者に対しても治療を停止して医療費を節約したり、彼らの身体を臓器移植等の「医療資源」として活用することを可能にしていくものです。

しかし、心というのがそもそもコミュニケーションや社会的な関係によって成り立つものだとしたら話が違います。たとえば、脳死の人は脳幹の機能はなくても、手を握ったら握り替えしてくるというような反応をすることができるわけですが、これをある種の「コミュニケーション」とするのなら、別の意味で「心」があることになるからです。このように理解するなら、かりに、脳死の人からの臓器移植を認めるとしても、「心のない物体(死体)」からの臓器移植ではなく、「生きている人に対する合法的な殺人」として理解されないといけないことになるでしょう。こうした見方は、森岡正博が『脳死の人』で指摘したように、脳死臓器移植に対するより手厚いサポートの必要性を訴えていくことや、場合によっては脳死臓器移植の廃止論に結びつきます。

こうした「心とは何か」という問題は、医療の場だけの問題ではありません。「外国人には心なんてない」という排外主義、「犯罪者には心はない」という犯罪厳罰化論はもちろん、生活保護や障害者福祉を巡る議論にも、「心」の問題が絡んでいるからです。

「心」の問題とは、「コミュニケーション可能性」の問題であり、「共感可能性」の問題にほかなりません。人は、自分が「コミュニケーションできる範囲」「共感できる範囲」を定め、その外側に対しては共感することを拒否するわけですが、その範囲こそ、私たちが「心がある」と考える対象の範囲だからです。時には暖かく、時には残酷な働きをする「心」の概念。「心」について良く知るとは、こうした社会の問題について知ることにほかならないのではないかと思います。

○関連記事

今から2年ほど前に、かなり近いテーマで書いた記事です。

人を殺してはいけないということについて/情報学ブログ

○参考記事

“ヒーロー犬”の行動に、襟を正す人々/ココログニュース ブログ発

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(2件)

秋葉原通り魔事件と負け組とニートと

経済・政治・国際 | 2009/02/15

今は新卒一括採用ゲームでの勝利が人材価値を保証しない。叩き上げで獲得した専門性が人材価値をもたらす時代だ。なのに教育界や親がいまだに『いい学校・いい会社・いい人生』である。教育界はこの「勘違い」で飯を食う利害当事者だし、親はかつての常識から抜けられない。

厳しい家庭で優等生として孤独に過ごした加藤容疑者は、進学上の「敗北」を過大に受けとって「挫折」した。成績よりも友達がいないことを心配しない大人たちのダメさに問題を感じる。ネットの影響だのPCゲームの影響だのという議論は笑止だ。

某全国紙に掲載されるはずだった秋葉原通り魔事件のコメント/MIYADAI.com Blog
http://www.miyadai.com/index.php?itemid=65

自殺サイトに書き込みをする、「自殺志願者」の中で一定のカテゴリーを形成するようなグループとして、20代~30代くらいの男性で、自分の能力の低さを悩みの理由に挙げるいわゆる「負け組」の意識を持つ人がいます。こうした人に共通する特徴としては、

1. 高い学歴(たとえば大卒以上)がある
2. 自分の理想とする仕事(典型的には、責任のある正社員ホワイトカラー)へのこだわりがあり、その仕事に就けないことで、自分の存在が否定されたかのように思う。

というような傾向があるように思えます。

こうした人の多くは、自分には能力がない、だから生きる意味がないと考えてしまっており、本人が生きる意味と直結するほど重要なものとして考えている「能力」が、実は特定の価値観によるもの過ぎないというは忘れられてしまっているのです。つまり、本人が「自分の能力」の問題だと思っているのは、多くの場合、「自分の能力が、今、自分が前提にしている価値観と矛盾している」ということに過ぎないわけですが、そのことに気づかないために、「生きる意味がない」という結論に至ると言うことができるでしょう。

もちろん、この分析を自分の能力に関して悩んでいる全ての人に当てはめられるとは思いません。しかし、少なくとも「自分には能力がないから生きる意味がない」と考えている全ての人の問題は、こうした「能力と価値観の矛盾」だということは言えるのではないかと思います。

これは、いわゆる「NEET」の問題とも直結しています。NEETの問題は、当初、「本人のやる気の問題」と言われ、次第に、「雇用問題」と言われるようになったわけですが、「雇用問題」と言っても、単純に労働市場の需給バランスの問題ではないことは明らかでしょう。企業はホワイトカラーの正社員を必要としなくなっている一方、3Kと言われるような一部の職場は、不況と言われる現在でも、相変わらず人手不足という状況だからです。

NEETの背景には、「価値観のずれ」という問題があります。つまり、高校受験、大学受験を経て、就職する、そういう流れの中で「最低限、こういう仕事をしないといけない」という価値観が形作られます。こうした価値観の中には「責任のあるホワイトカラーの仕事がしたい」という価値観や、ステレオタイプ的な「やりがいのある仕事がしたい」という価値観があるでしょう。多くの努力と引き替えに得た「大卒」という学歴に対して、それを活かせないような仕事に就くことは彼らにとって自己否定とも言えることであり、その過程でこうした価値観が生まれてくるのは当然とも言えます。

ところが、実際に大学を卒業してみると、そうした価値観に合う仕事がないのです。「責任のあるホワイトカラーの仕事」にしても、学生がステレオタイプ的に考えるような「やりがいのある仕事」にしてもパイは限られています。それに対してあぶれた人は、「やりたい仕事に就くことができない」として、労働市場からドロップアウトしていくことになります。

端的に言えば、彼らは自分自身に「責任のあるホワイトカラーの仕事」あるいは「やりがいのある仕事」をするという非常に厳しい条件を課しているにもかかわらず、その価値観に見合うだけの卓越した能力がないということが問題なのです。これも、先ほどの自殺サイトの場合と同じく、「自分の能力と価値観の矛盾」の問題とまとめることができるでしょう。

////

さて、1年近く前の事件に対して何を今さらと思われるかもしれませんが、こうした話の流れで、去年6月の秋葉原通り魔事件について少々コメントしたいと思います。この事件に関して、加藤被告の進学上の挫折が本人の人格形成に大きな影響を与えたという議論がありますが、これはまさに「自分の能力と価値観の矛盾」の問題だと思うからです。

「負け組は生まれながらにして負け組」「私は要らない人」「他人に仕事と認められない底辺の労働」-。東京・秋葉原の無差別殺傷事件で、殺人未遂の現行犯で逮捕された派遣社員、加藤智大容疑者(25)は犯行前、携帯電話の掲示板にこのような書き込みを続けていた。

【特報 追う】より高給、より望む職求め県外へ
http://sankei.jp.msn.com/region/tohoku/aomori/080612/aom0806120257000-n1.htm

「いい学校に入り、いい会社に入る」という価値観で育った加藤被告が、進学上の挫折を味わったときに、耐えられない矛盾を心に抱えることになったことは想像に難くないでしょう。その後、正社員を退職し、派遣社員として働いていた加藤被告が自分のことを「他人に仕事と認められない底辺の労働」と考えるに至った背景として、こうした「価値観」の問題があることは明らかだと思います。

この事件の原因としてしばしば派遣社員という雇用形態や、その待遇の低さなどが問題として取り上げられましたが、このように考えると「雇用形態」や「待遇」の問題はほとんど関係ないということが予想されるでしょう。たとえ正社員という雇用形態であったとしても、あるいは待遇が多少良かったとしても、加藤被告が自分の仕事を「他人に仕事と認められない仕事」と考えた可能性は高いし、逆に、派遣社員という雇用形態のままで、かつ待遇が悪かったとしても、こうした価値観の矛盾を抱えていなければ、殺人という結末に至ることはなかったと思われるからです。

むしろ、この事件に何か反省点を見い出すのであれば、それは、冒頭で宮台氏も指摘するような、教育を通して植え付けられる硬直化した「価値観」の問題ではないかと思います。

自分は、『いい学校・いい会社・いい人生』が勘違いとまで言うつもりはありません。『いい学校』が、ある意味における人生の可能性を広げるのは事実だし、そういう価値観も重要なものであることは間違いないでしょう。しかし、すでに実質的な「大学全入時代」が到来する中、「全入」する学生の全員に「責任のあるホワイトカラーの仕事」やステレオタイプ的な「やりがいのある仕事」という幻想を与え続ける余裕はないのです。いつまでも、そうした価値観にこだわっていれば、多くの若者が加藤被告と同じような心の闇を抱えながら生きていくことになるだけではないかと思います。

多くの場合、若者の価値観は柔軟です。大人が提供する価値観がどんなに硬直的なものであっても、ほとんどの若者は、それぞれの状況に適応し、友人同士のコミュニケーションの中で自分の居場所を見つけていくことでしょう。しかし、全ての人がそういう能力を身につけているわけではありません。大人が提供する価値観を素直に受け止めてしまうような、加藤被告のような若者にとって、現代社会はどこにも居場所のないものになっているのです。

彼らにとって必要なのは、そうした価値観を「一つの見方」として相対化できるような柔軟な発想の仕方にほかなりません。最初に自殺サイトの例で見たように、自分の価値観を価値観であると相対化できない人は、その価値観から自分の生きる意味そのものを評価し、最終的には「生きる意味はない」という結論にまで至ることになります。しかし、そうした見方が「一つの見方」に過ぎないということに気づけば、そうした考えから抜け出すことができるのです。

これは加藤被告一人の問題ではありません。「負け組」という言葉に象徴される価値観の矛盾は、自殺やNEETの問題と深く関わっているだけでなく、統計には表れないような形で、多くの人々が心の重荷に感じていることだと思われるからです。こうした価値観の矛盾に適切に対処できるような「複眼的な思考法」を、教育、特に、高校や大学の情報教育を通して、制度的に教えていくことが、ますます必要になっているのではないかと思います。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(2件) | トラックバック(0件)

内藤里奈さんと情報学とペルソナ

日記・コラム・つぶやき | 2009/02/02

先日、秋葉原で「恋のから騒ぎ」の内藤里奈さんを見かけたことを日記に書いたのですが(リンク)、昨日の放送で、ご本人が以下のような趣旨のことを言っていたようです。

「あだ名がないから、街で気づかれても「ほら!あの性格の悪い子だよ!!」とか「恋からの生意気な女だよ!」とか言われる。しかも気づいてくれるのにオンエアのイメージからか、みんな怖がって話しかけてこない。怖がるもなにも全然怖くないのに痛すぎる偏見を持たれて交友関係に支障をきたしている。」 http://www.ntv.co.jp/koikara/new/20090131/index.html

自分はそれを読んで大爆笑。だって秋葉原で見かけた時も、名前を覚えておらず「あぁ、あの性格の悪い子ね」としか思わなかったのですから。あまりにも当たりすぎています。先日、自分が書いた日記には当たり前のように名前が載っていますが、それは家に帰ってきて「恋から」のWebページにアクセスして調べた結果でした。見かけた時点では、全然名前を思い出せなかったのです。

でも、まぁ、テレビで語られる「性格」なんて、あくまでテレビの中だけのもの。たしかに、自分も見かけたときに「あの性格の悪い子ね」と思ったのは事実ですが、実際に話したときに、性格が悪いかどうかは別問題だということくらい分かっているつもりです。自分で「性格の悪いキャラ」を自覚して、それを売り込むようであれば、将来にも期待が持てるのではないでしょうか。

さてさて、上ではごく普通に「性格の悪いキャラ」と書きましたが、こういう意味での「キャラクター」のことを、一般に「ペルソナ(Persona)」とか「人格(Personality)」と言います。「ペルソナ」は、古典劇で用いられた「お面」「仮面」を意味する言葉です。要するに、私たちはそれぞれ社会という舞台で、「役」を演じている。そういうことができるのです。

さらに言うと、「ペルソナ」の性質として、さらに以下のようなものを挙げることができるでしょう。

1. 一人の人は複数のコミュニケーションの「場」に参加し、それに対応する複数の「ペルソナ」を持っているということ。たとえば、私たちは、家族に接するときと、友人に接するとき、仕事の同僚と接するとき、また仕事上の顧客(教師なら生徒)と接する時で、「別の自分」を演じわけています。このとき、私たちはそれぞれのコミュニケーションの「場」に応じた「ペルソナ」を持っているということになります。(これはいわゆる「多重人格」(解離性同一性障害)と別の話です。念のため)

2. 「ペルソナ」は、過去と未来のコミュニケーションの積み重ねによって決まるものだということ。過去のコミュニケーションによる知識や経験と、未来のコミュニケーションに対する予期、この両方によって、どういう「ペルソナ」を演じるかが決まるのです。

3. 私たちは、自分の「ペルソナ」を意識して作り上げているわけではなく、あるコミュニケーションに参加することで無意識に、自分「ペルソナ」を作り上げているということ。営業マンは、先輩について顧客に接するうちに、営業マンとしての「ペルソナ」を身につけ、教師は講義を繰り返すうちに教師としての「ペルソナ」を身につけます。また、テレビ番組に出演するエンターテイナーは、テレビへの出演を繰り返すうちに、いつの間にか視聴率が取れるような「ペルソナ」を演じられるようになります。

要するに、内藤里奈さんが「性格の悪い女」と思われたところで、それはあくまで、「視聴率」を媒介にし、「テレビ番組」というコミュニケーションの中で作られた「ペルソナ」であって、それ以上でもそれ以下でもないのです。自分だって、彼女のことを「性格の悪い女」と思いながら、おもしろがって番組を見ているわけですから、その意味では立派に仕事をこなしていると言えるでしょう。まぁ、わざわざそんなことを言われなくても、ご本人が一番分かってらっしゃるのではないかと思いますが…。

ちなみに、なんで「内藤里奈」さんにこだわって記事を書くかって?こういう内容なら、わざわざ個人名をタイトルにしないで、「情報学とペルソナ」で十分じゃないかという疑問が聞こえてきそうです。

実は、前に書いた記事が「内藤里奈」の検索でかなり上位に入っており、そちらからのアクセスが伸びていたのです。こういうときは、似たような記事をタイトルにして記事を書いた方が、ブログ全体のアクセス増加につながるので、無理矢理この記事をひねり出したところです。今さらですが、「ペルソナ」で記事を書こうとは、ついさっきまで思っていませんでした。要するに、ブロガーである私自身、「アクセス数」を主要な関心とする「インターネット・コミュニケーション」の参加者だということ。この記事のタイトルがそれ自体、違う意味で記事の内容を反映しているのです。

まぁ、正直に言うと、このオチを付けるために、このタイトルにしたというのもあるんですが…。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

情報学ブログをRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき