世界は情報に満ちているのか?

情報学 | 2008/11/06

世界のあらゆるものは情報として理解できるのであり、情報でないものはない。しかし、「情報」というとらえ方をしなければ、すべてのものは情報ではないのであり、情報などどこにもない。したがって、世界は情報に満ちていると言えば満ちている。満ちていないと言えば満ちていない。それは観察者の視点によるものであり、どちらが正しいとは言えない。

―ちょっとした思考のお遊びみたいなものです。でも、情報学の考え方を、部分的にではあるにせよ、分かりやすく示していると思うので、最近気に入っています。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

コメント

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

情報学ブログをRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき