デジタルカメラを買いました

日記・コラム・つぶやき | 2007/05/29

ある雑誌を眺めていたら、パリの町並みの写真が数ページ、グラビアで掲載されていました。あまりにも美しい写真に思わず記事に読み入ってしまいました。考えてみると、売れ筋の雑誌は全て「写真」や「絵」が主体。現代の世の中、「何かを伝える」ためには、「写真」が必須なんだなとあらためて思ったわけです。

Imgp0255xga しかし、自分の持っている携帯電話(右写真)のカメラの性能は高くはなく、晴れた日の屋外以外では、まともに使えたものではありません。そんなわけで、デジタルカメラを手に入れて、屋内でも気軽に写真を撮れるようにすることにしました。

暗い場所でも気軽に撮れるように、手ぶれ補正機能がある機種を買ったのは言うまでもありません。その中でも自分が購入したのは、PENTAXのOptio A30という機種でした(下写真)。念願の手ぶれ補正機能に加え、この価格帯では唯一、シャッタースピードと、絞りを自在に設定できる、マニュアルモードがあるのが、最大の選択理由です(気休めと思っていたのですが、結構使えます、上の携帯電話の写真もマニュアルモードで撮っています)。

Image0088vga_1ちなみに、この写真は上述の携帯電話のカメラで撮ったものです。携帯を机に固定してセルフタイマーで撮っているため、見かけ上の画質はあまり変わらないのですが、アングルが限られてしまっているのが分かると思います。たとえば、料理の写真や、通常の室内写真を撮るのに、このテクニックは使えません。こいつ(被写体のカメラ)を使えば、ブログで使うレベルの小さな画像なら余裕で手持ちで撮れるし、精度の高い画像が必要なら、三脚も使えるというわけです(上の携帯の写真では、絞りこんだ上で三脚を使って1.3秒の長時間露出をしています)。デジカメを買っても、商品画像をそのデジカメで撮れないのは皮肉ですね。

Imgp0190xga さて、購入したのが先週の土曜日。買ったばっかりということもあって、さっそく写真を撮りまくっています。特に日曜日は、ほとんど写真を撮るためだけに、吉祥寺の井の頭公園に行ってきました。(右写真は井の頭公園の入り口にある焼鳥屋)

雑誌の写真記者のようなきれいな写真を撮る才能はないのですが、多少なりとも「読みやすい記事」になるよう、今後、随時、写真をアップしていければと思っています。

今後とも、情報学ブログをよろしくお願いします。

はてなブックマークに追加 del.icio.usに追加 POOKMARK Airlinesに登録 livedoorクリップへ追加 @niftyクリップへ追加 Buzzurlにブックマーク newsingにピックアップ Choixに投稿 Furlへ追加 Blinklistへ追加 Redditに投稿 twitterでReTweet

固定リンク | コメント(0件) | トラックバック(0件)

コメント

コメントを書く

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)

情報学ブログをRSSで購読する

Googleで購読 はてなRSSで購読 livedoor Readerで購読 Bloglinesで購読 My Yahoo!に追加

その他のRSSリーダー

管理人のつぶやき